赤ちゃん夜泣きしない子の特徴と予防法は??
赤ちゃん夜泣きしない子の特徴と予防法は??

育児をする上でパパママの乗り越えなければならない試練の一つに、赤ちゃんの夜泣きがあります。
しかし赤ちゃんの中には夜泣きをしない子もいます。赤ちゃんの夜泣きに悩んでいるパパ・ママは夜泣きをしない赤ちゃんが羨ましく思ってしまう事もあると思いますが夜泣きを市内赤ちゃんには特徴があるようです。この記事では赤ちゃんの夜泣きに困っている方々の赤ちゃんの夜泣きに対する対策などについて書いていきたいと思います。




Sponsored Links

夜泣きをしない赤ちゃんには特徴がある??

赤ちゃん夜泣きしない子の特徴と予防法は??
赤ちゃん夜泣きしない子の特徴と予防法は??

女の子より男の子の赤ちゃんの方が夜泣きしない??

夜泣きの原因の一つに赤ちゃんが夢をみると夜泣きをしてしまうという説がありますが、男の子より女の子の方が幾分か成長が早い傾向にあるので、女の子の方が夜泣きをしやすいという説があります。しかし、夜泣きは2歳位まで続くと言われているので、その時期を考えると男の子より女の子の方が比較的夜泣きが始まるのが早い傾向があるというだけで夜泣きをするかしないかはあまり関係が無いかもしれませんね。

医学的に解明されているかどうかはわかりませんが、赤ちゃんの夜泣きは活動中の記憶を整理する為に脳がフラッシュバックを起こして夜泣きをしてしまうという説があります。
こういった事から考えると、夢を見て夜泣きをしてしまうという説もうなずけるのではないでしょうか。




Sponsored Links

ベビーベッドよりお布団でママの隣にいた方が夜泣きしない??

私の子もそうですが、夜泣きを始めるとすぐにベビーベッドに一緒に入ってしまい(笑)添い寝をしてあげると比較的すぐに泣き止みます。ベビーベッドだと夜中ふと目覚めた時に真っ暗でひとりぼっちな感覚になり恐くなってしまい夜泣きしてしまうという事はあるかもしれません。赤ちゃんが夜泣きしないようにする事はなかなか難しい部分もあるかと思いますので、すぐに対処出来れば負担も軽減されるのではないでしょうか。

夜泣きをしない赤ちゃんはママの生活や栄養が関係する??

赤ちゃん夜泣きしない子の特徴と予防法は??
赤ちゃん夜泣きしない子の特徴と予防法は??

夜泣きをしない赤ちゃんはママが海外で妊娠し、心身共に穏やかに生活していた事から夜泣きをしなかったという事例があります。
これは一概には言えませんが、一つの推測としてママが穏やかに生活出来る環境にいればママの気持ちも落ち着いているのでお腹の中にいる赤ちゃんにも影響し、出産後の赤ちゃんにも影響するので?という説もあります。勿論、出産後の方が影響は大きいと考えられますが慣例性がないとは言い切れませんよね。

レシチンの含まれる食べ物で赤ちゃんは夜泣きしなくなる??

大豆食品・豆乳・納豆・味噌・豆腐・きなこなどレシチンが多く含まれてりう食べ物を接収していると赤ちゃんの神経も安定すると言われていますね。レシチンには脳を落ち着かせる効果があると言われているので効果は見込めるのではないでしょうか。
夜泣きは赤ちゃんの脳の働きに関係すると言われているので、ママが妊婦の時にレシチンをしっかりとっていれば赤ちゃんの夜泣きの予防にも繋がる可能性はありますよね。

1歳半頃になれば、豆腐や納豆も食べる事が出来るようになってくるので赤ちゃんにも積極的に食べさせる事も良いかもしれません。
ちなみにうちの子は納豆ごはんがメチャクチャ好きですが、確かに夜泣きが少ない方なのでは??と思いますね。
しかもレシチンが豊富な卵の黄身m納豆に入れて食べるのが好きなので、それも効果があるのかもしれません。

妊娠中はサプリメントで補う事も良い??

大豆食品以外でも小魚やレバー・緑黄色野菜などにもレシチンは豊富に含まれていますがそんなに大量に摂取する事も難しいので、その場合はサプリメントを活用すると良いでしょう。
サプリメントはあくまで栄養補助に活用するものですが、薬局などで薬剤師さんに相談してみるのも良いかもしれません。

赤ちゃん夜泣きしない子の特徴と予防法は??まとめ




Sponsored Links

赤ちゃんの夜泣きはまだ原因が解明されていない部分もあるので、どう対処したら良いか、予防法はあるのかなど悩んでしまいますがこれまでの経験談などからある程度予測をたてる事が出来ます。7割以上の赤ちゃんが夜泣きをすると言われていますし、夜泣きは赤ちゃんにとって必要な事で、身体の異変を伝えようとしてくれたり、不安などを訴えていたりと意味があるものです。

愛おしい赤ちゃんですが、パパママの身体がもたなければ仕方がないので出来るだけ夜泣きをしない赤ちゃんでいてくれる為の策を一緒に考えさせていただきました。皆様が赤ちゃんと一緒に健やかに幸せな生活を送れる事を心から願っております。




マミーダディの赤ちゃん子育て楽しいブログ☆『愛の生活の知恵』内のよく読まれている記事はこちら