寝かしつけはいつまで抱っこする??寝ない子の卒業目安は??
出典:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

新生児や赤ちゃんのときに抱っこで寝かしつけをしていて、気がついたら抱っこで寝かしつけが日常になったけどいつまで続くんだろう??と不安に思うママも多いのではないでしょうか??今回は抱っこでの寝かしつけはいつまでか、抱っこ以外の方法をご紹介します。




Sponsored Links

寝かしつけの抱っこはいつまで??ママが辛いと感じるのが卒業目安

寝かしつけはいつまで抱っこする??寝ない子の卒業目安は??
出典:http://benesse.jp/kosodate/

赤ちゃんのときの寝かしつけが抱っこで大きくなってきて抱っこが辛くなってきたけどいつまで?と思うママも多いのではないでしょうか。可愛い我が子ですが成長とともに長時間の抱っこはママが辛くなってしまいます。抱っこでの寝かしつけはいつまでなのでしょうか。




Sponsored Links

寝かしつけの抱っこはいつまで??1歳頃を1つの目安に

赤ちゃんを寝かしつけで月齢が低いうちは抱っこで授乳して寝かしつけという方が多いのではないでしょうか。抱っこでの寝かしつけをいつまでにするかですが、1歳をすぎると卒乳があり、多くのママが卒乳を機会に抱っこ以外で寝かしつけを行っています。

いつまで続くか悩んでいるママで現在授乳中の場合は、卒乳を1つの目安にしてみるのも良いかもしれません。また、赤ちゃんが重くなり長時間の抱っこが辛いとママが感じたときも卒業の目安といえるでしょう。

寝かしつけの抱っこをいつまでにするかは個人のペースで

卒乳を機会に抱っこでの寝かしつけをやめようとしたけれど、反対に抱っこじゃないと寝なくなってしまったという赤ちゃんもいるかもしれません。卒乳したばかりの時期は赤ちゃんが安心感を求めていつもよりママの抱っこを求めることもあります。
いつまでも続くわけではないので、そんなときはまずは赤ちゃんを安心させるためにしっかりと抱っこしてあげましょう。

抱っこでの寝かしつけをいつまでにするかは個人差があります。周りに影響されすぎずに、赤ちゃんとママのタイミングで焦らずに進めていきましょう。

※寝かしつけはいつまでするのか??子育てではイライラしてしまう事も多いですよね。
そんな時ついつい怒鳴ってしまう事も多いのではないでしょうか??心配なママパパたちはこちらの記事を参考にしてください。

『子育てでイライラが止まらない??怒鳴る事は良い事??悪い事??』

抱っこ以外の寝かしつけの方法を考えよう

寝かしつけはいつまで抱っこする??寝ない子の卒業目安は??
出典:https://www.junkonishikawa.com/

抱っこ以外の方法で寝かしつけをしたいけれど方法が分からない、抱っこでの寝かしつけをやめたらいつまでも寝なくなったと困っているママはいませんか?
始めは抱っこ以外での寝かしつけはいつまでたっても無理なんじゃないかと思うかもしれませんが、習慣にしていくことでだんだん寝てくれるようになります。焦らずのんびり進めましょう。

寝かしつけの抱っこはいつまで??の読み聞かせがおすすめ

抱っこ以外でおすすめの寝かしつけの方法として、絵本のよみきかせがあります。絵本のよみきかせには心を落ち着かせる効果があると言われているため、寝る前に部屋を少し暗くして添い寝をしながら読んであげましょう。
最近では寝かしつけにピッタリの絵本が多く販売されているので、お気に入りの1冊を見つけてみましょう。

寝かしつけの抱っこはいつまで??昼寝の時間など生活リズムを見直す

いつまでも寝なくて困るという場合は、生活リズムを見直してみましょう。遅くまでお昼寝をしていませんか?十分に身体を動かして遊んでいますか?

また寝かしつけをしてもいつまでも寝ないというときは、寝室の環境を見直すこともおすすめです。テレビの音が聞こえていたり、湿度や温度を調整することで寝やすい環境を整えましょう。

※家事などで忙しい時の寝かしつけも大変ですよね??そんなママパパたちはこちらの項目を参考にしてみてください。
子育てに疲れてヒステリーを起こしてしまうママパパたちの参考になれればと思います。
子育て疲れてヒステリーを起こしてしまうママパパはこちらの項目を!!

寝かしつけはいつまで抱っこする??寝ない子の卒業目安は??まとめ




Sponsored Links

寝かしつけの抱っこはいつまでも続くものではありません。赤ちゃんとママのペースで、少しずつ抱っこ以外の方法で寝かしつけができるように習慣づけていきましょう。

ママが早く寝かしつけをしようと焦りすぎると、その焦りが赤ちゃんに伝わりいつまでも眠れなくなってしまうこともあるので、ゆったりとした気持ちを持つことも大切です。



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆