寝かしつけ方法・1歳半までの大変な時期体験談
寝かしつけ方法・1歳半までの大変な時期体験談

1歳半になると、1歳の頃とは違って、夜に睡眠をたっぷりとるようになります。夜中に起きる回数も少なくなり、朝までぐっすり眠ってくれる子供がふえてきますが、なかなか夜寝ようとしない子もでてきて寝かしつけが大変になってきます。
この記事では1歳半の寝かしつけの方法について書いていきたいと思います。

1歳半の頃はまだ、夜中に起きてしまったり、夜泣きを繰り返してしまう子供がいますが、寝かしつけの方法を覚えておくと少しは楽に対応できます。寝かしつけは、いろんな方法があります。その子にあった寝かしつけの方法を見つけて行きましょう。




Sponsored Links

1歳半の頃の寝かしつけの最適な方法とは??

寝かしつけ方法・1歳半までの大変な時期体験談
寝かしつけ方法・1歳半までの大変な時期体験談

寝かしつけを始めてから、1時間以上経つのに、全く寝るそぶりを見せないなんて事がよくありますね。
寝たふりをしていても、勝手に起き出して遊び始めたりします。




Sponsored Links

1歳半頃の寝かしつけの方法!!生活のリズムを付ける

1歳半位になると、生活のリズムがわかってくるので、寝かしつけの前に、寝るまでの準備を順序よく終わらせておくことも大事です。
寝る準備をスムーズに終わす事も寝かしつけの一つの方法と言えます。

夕食を食べたらお風呂に入って、その後歯磨きをして、布団に入るという順序や流れを決めると、子供は安心します。同じ時間にできれば一番良いと思いますが、『〇〇の次は、✕✕』と覚えるだけでも良いと思います。

1歳半の頃の寝かしつけの方法として、思いつくのが、絵本を読むとか一緒に歌を歌ったり、子守唄をうたってあげたり、好きなぬいぐるみやおもちゃをそばにおいたり、お気に入りのタオルなどをにぎらせるなどがあると思います。
その子にあった寝かしつけの方法を探るようにしましょう。

1歳半頃の寝かしつけの方法!!スキンシップ

スキンシップを取る事で、子供も安心して眠る事ができるようになります。
夜中に起きてしまう子は、眠りが浅い場合が考えられます。日中しっかり体を動かして遊んであげて、体力を使うようにします。

また、寝る前に、テレビを見たり、明るい部屋にいると、脳が刺激されて、浅いねむりになるようなので、お布団に入ったら、明かりを消して眠りやすい環境にしましょう。

夜泣きは、怖い夢を見たり、昼間、体験した事を思い出して、泣いてしまうケースが多いようです。

寝かしつけだけじゃいない、1歳半までの大変な育児を楽にする方法は??

寝かしつけ方法・1歳半までの大変な時期体験談
寝かしつけ方法・1歳半までの大変な時期体験談

歩けるようになると、いろんなところに興味を示し、あちこち登ったり、いろんな物を開けたり、いろんな所にぶつけたり、いたずらもするようになるので、気が抜けません。
この項目では1歳半頃に歩き回るようになった時に寝かしつけを楽にする方法を探ってみます。

1歳半頃の寝かしつけの方法!!『今』を乗り切る!!w

動き回る子供と毎日付き合って、体力的にも精神的にも辛いと感じてしまうママもいると思います。
とりあえずその1日を乗り切るつもりで気楽にいく事が大切です。

1歳をすぎる頃には、大人の顔を見て、良い事と悪い事をの区別していきます。
やってはいけないことには、「だめ!」とはっきり言うようにしましょう。

1歳半頃の寝かしつけの方法!!自我と自立心

1歳半になると、自立心が少しずつ芽生えてくる時期になります。
自分でやりたいという気持ちが強くなる為に、何をするにも拒否し始めて、全てこちらが提案する事に対してイヤと拒否をしてきます。

1歳半頃位〜2歳頃によく見られる自我が芽生えるのは成長の証です。
できる限り、手をかけず自分でさせてあげるようにしましょう。深呼吸して客観的に見守るようにする事が大切です。
このイヤイヤ期も、寝かしつけの時のように、方法を見つける事で、楽に過ごせるようになります。

泣き止まない時は、抱っこして背中トントンしながらお気に入りの歌を歌たったりしてあげて下さい。

寝かしつけ方法・1歳半までの大変な時期体験談 まとめ




Sponsored Links

いかがだったでしょうか。1歳半の寝かしつけの方法は、一つではなくいくつかあります。その子にあった方法を覚える事で、こちらの気持ちが楽になりますね。

寝かしつけの時だけでなく、寝かしつけの準備も気に掛けるとより効果的に寝かしつける事ができるようになるようです。
1歳半は、自我が芽生える時期なので、手がかかって当然です。成長の証なんだと受け入れて、暖かく見守って行きましょう。


育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆