寝かしつけ方法2歳のトントンの効果は??コツと具体的やり方は??
寝かしつけ方法2歳のトントンの効果は??コツと具体的やり方は??

2歳になると、何に対してもイヤイヤばかりして、なかなか寝ようとしなくなります。
そんな2歳の子を簡単に寝かしつける方法に、背中トントンは効果があるのでしょうか。
トントンの有効な寝かしつけの方法を調べてみます。




Sponsored Links

自我が芽生えた2歳児の寝かしつけの方法は??トントンは有効??

寝かしつけ方法2歳のトントンの効果は??コツと具体的やり方は??
寝かしつけ方法2歳のトントンの効果は??コツと具体的やり方は??

2歳になるとイヤイヤ期に入り、自我が強くなって個性が強くなるので、寝かしつけが難しくなってくると感じてしまうようですが、2歳の寝かしつけの方法もコツを覚えて余裕をもちましょう。




Sponsored Links

2歳児位になると寝かしつけ方法は習慣とトントン??ww

寝かしつけをスムーズにする為に最も大切な事は、生活習慣をつける事です。
寝る前までの、夕食タイム、 お風呂タイム、歯磨きタイム、と流れをつくれば、同じ時間に子供は眠たくなってくるので、そのタイミングで、スムーズに寝かしつける事ができるはずです。

しかしまだ2歳なので、頭ではよるになったからねる時間と理解していても、もっと遊びたい気持ちやまだ眠くないという気持ちが、勝ってしまうので、なかなか寝てくれなくなります。

寝るちょっと前に、手遊びなどで、スキンシップを取るようにすると、ママの愛情を感じて心が落ち着いて、眠りモードに入りやすくなります。テレビや激しい遊びは避けましょう。

寝かしつけのポピュラーな方法は、絵本を読む事と子どもの身体をトントンする事ですね。
2歳などの年齢に関係なく、背中をトントンしたり、お腹や胸をトントンする寝かしつけの方法はとても有効です。

2歳寝かしつけに有効なトントンの方法とコツは??

寝かしつけの基本中の基本が背中トントンです。もちろん仰向けでも、うつぶせ寝でもどちらでも構いません。
背中、お腹・胸をトントンして下さい。トントンという一定のリズムが、赤ちゃんが胎児の時に聞いたお母さんの心臓の音に似ている為に、背中をトントンと叩かれると赤ちゃんがその頃を思い出して、安心するというのです。

2歳くらいの子のトントンのコツは、小さい頃と違って、しっかりトントンとわかるように強くする必要はありません。 
単調な一定のリズムで優しくタップする方法でトントンして下さい。勝手に「トン、トトトン、トントン」なんて、変なリズムにしたり、早いリズムにしてりすると逆効果になって目が覚めてしまいます。

寝かしつけ方法2歳のトントンの効果は??コツと具体的やり方は??まとめ




Sponsored Links

この記事では2歳の頃の背中トントンについて書いてみました。
自我芽生える大切な時期ですが言う事を効かなくなる時期なので、ママが焦って寝かそうとすると子供にママの焦る気持ちが伝わってしまいます。落ち着いてトントンしてあげるようにしましょう。

年齢が進むに連れて寝かせつけのやり方や方法が、微妙に変わってきます。
子育ての中でも寝かしつけは難しいですよね。でも、イヤイヤ期の2歳児の時期もあっという間です。
この時期を大切にしたいですよね☆



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆