育児ノイローゼで離婚?!親権で悩むなら・・
育児ノイローゼで離婚?!親権で悩むなら・・

最近は昔と違って核家族化が進み、育児ノイローゼになってしまう女性が少なくありません。
また、育児ノイローゼから夫婦生活が破綻し、離婚となって壮絶な親権争いになることもしばしば。
もし、育児ノイローゼになってしまい離婚した場合、親権はどうなるのか今回は深い内容でお話していけたらと思います。

育児ノイローゼは最近急増しています。
夫の労働のあり方や、昔と違い一世帯の家族が増えていることから女性が1人で育児する「ワンオペ育児」という最近の流行の言葉にもなっています。これが最大の問題だと思われます。
詳しく育児ノイローゼで離婚した場合の親権はどうなるのかというお話をさせていただきます。




Sponsored Links

育児ノイローゼで離婚??親権はどうしてる夫婦が多い??

育児ノイローゼで離婚?!親権で悩むなら・・
育児ノイローゼで離婚?!親権で悩むなら・・

育児ノイローゼで離婚した場合、子供の親権はどうなるのでしょうか。
もちろん育児ノイローゼにならない、離婚しない、親権争いをしないというのが一番の理想ですが様々な事情から離婚という道を選ぶ夫婦はたくさんいます。

周りの夫婦はどうなんだろう、データ的には??というここでは離婚した夫婦の親権はどちらの割合が多いのか、見ていきましょう。




Sponsored Links

育児ノイローゼで離婚??親権はどうしてる夫婦が多い??

育児ノイローゼの理由だけではないですが、現在離婚した夫婦のうち、「親権は母親」の方が8割こえているような現状です。まだ赤ちゃんだとやはり母乳の関係や、手当てもなぜか母子家庭の方が手厚いというのが現実です。

実際に親権争いで裁判などになった場合でも母親に親権が渡ることが多いようです。
育児ノイローゼなどで離婚になった場合も相当な重症でない限りは母親に親権が渡ることが多いのではないかと思います。

育児ノイローゼで離婚??親権というのはどうやって決まる??

育児ノイローゼで離婚?!親権で悩むなら・・
育児ノイローゼで離婚?!親権で悩むなら・・

では育児ノイローゼで離婚となった場合には親権はどうなるのか、父親も母親も親権を取りたい、でも育児ノイローゼで離婚となった場合には母親の体調や精神鑑定、頼れる実家や家族が居るかどうか、収入は見込めるのかということが基準になって裁判などで決められることになります。

その場合には裁判によって決められたほうに完全に親権が渡ってしまうということです。

育児ノイローゼで離婚??親権で悩む前に、まず離婚をもう一度見直してみませんか??

この記事を読んでくださっている方の中には、育児ノイローゼで悩んで悩んで離婚を決意して親権で悩まれている方もいらっしゃると思います。育児ノイローゼはいつか必ず治るものです。

「離婚は決意した。あとは親権だけ」と思っていても、もう一度考え直してみませんか??

育児ノイローゼで離婚、親権で悩む前に・・

育児ノイローゼは子供に対して真剣に考えて、愛情を注ぎたい、もっとしっかりした母親になりたいとママが頑張った証だと筆者は思います。なので育児ノイローゼが悪いとは全く思わないのです。

離婚する理由は夫婦でそれぞれですが、親権で悩むくらいなら家族みんなが一緒にいてあげた方が幸せなのではないかなと思います。
親権で争うのはお互いに子供に対して愛があるからです。
育児ノイローゼは治せますが、離婚は簡単に直せませんので、もう一度考えてみてはいかがでしょうか??

育児ノイローゼで離婚、親権を取りたいのならやるべきこと・・

どうしても育児ノイローゼから離婚を決意した、親権は絶対に取るという場合、有利になるには安定した収入、自分の家族のたくさんの協力があるか、育児ノイローゼであっても精神的に問題がないという証明が必要になります。

基本的に協議離婚で親権は話し合いとなる事が多いですが、それでお互いが納得しなければ調停、裁判となります。その場合にはかなりの時間と労力を使うことになるので精神的にも辛いものとなることを覚悟しなければなりません。

育児ノイローゼで離婚?!親権で悩むなら・・まとめ




Sponsored Links

育児ノイローゼは現代社会の中で大きな問題となっています。
実際に産後3年以内に離婚する夫婦がとても多く、その中でも親権争いの問題はとても重要です。

育児ノイローゼから離婚する夫婦は少なくありませんが親権で悩む前に、もう一度だけ考え直してほしいと筆者個人の思いは強くあります。やはり子供には両親の存在阿賀とても大切です。
親権争いをするほどお互い子供を愛しているのなら、もう一度だけ見つめなおして欲しいと筆者は強く思います。


育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆