寝かしつけはいつまで??3歳の大きく成長する時に気をつける事は??
寝かしつけはいつまで??3歳の大きく成長する時に気をつける事は??

お子さんも3歳になるとお話が上手になり、ママとコミュニケーションがスムーズに取れるようになってきますが、同時に体力も付いてくるので夜、いつまでも寝なくて寝かしつけが大変というママも多いのではないでしょうか??

3歳は肉体的にも精神的にも大きく成長する時期でもあります。
いつまでも寝ないというお子さんや、寝かしつけの時にどんなことに気を付けたほうがいいのでしょうか??




Sponsored Links

3歳の寝かしつけはいつまで??親子の信頼を築こう

寝かしつけはいつまで??3歳の大きく成長する時に気をつける事は??
寝かしつけはいつまで??3歳の大きく成長する時に気をつける事は??

3歳は体やこころが大きく成長する時期と言われています。
お話も上手になる子が多く、寝るときにいつまでもお話をしていて寝かしつけが大変というママもいるかもしれません。
3歳はママが大好きな時期でもあるので、いつまでも寝なく寝かしつけが大変と悩んでいるママは、寝る前にお子さんとちょっとした約束をしてみましょう。




Sponsored Links

3歳の寝かしつけはいつまで??一旦離れて戻るという約束を

3歳のお子さんの寝かしつけをしたいけれどまだ家事が終わっていない、そんなときはお子さんと一緒に寝室に行ってから「ママは洗濯物を片付けてから戻ってくるよ」と理由をきちんと伝えてから一旦離れましょう。

このとき大切なのが必ず戻るという約束をママが守ることです。
約束をきちんと守ることでお子さんが安心して待っていられるようになりますよ。

戻ってきたら3歳のお子さんが待てたことを褒めてあげましょう。
ママも気になっていた家事ができるので、寝かしつけが楽になります。

3歳の寝かしつけはいつまで??子どもの声に耳を傾けて

時にはママが部屋に戻っても3歳のお子さんがお話を始めるかもしれません。
そんなときは「いつまでも話していると寝かしつけができない」と思うのではなく、3歳のお子さんの声に耳を傾けてあげましょう。

ママがゆったりと静かな声で相づちを打つことで、お子さんも自分の話をしっかり聞いてもらえたという安心感から満足し、いつまでも寝ないと悩んでいたのがウソのように寝かしつけがスムーズに行くときもありますよ。


寝かしつけはいつまで??6歳でも寝かしつけが必要??
寝かしつけはいつまで??小4になった子もせがむ??

3歳の寝かしつけはいつまで??睡眠不足に気を付けて

寝かしつけはいつまで??3歳の大きく成長する時に気をつける事は??
寝かしつけはいつまで??3歳の大きく成長する時に気をつける事は??

3歳になると体力がついてきて寝かしつけをしてもいつまでも寝なく、寝るのが22時や23時になってしまうという方はいませんか??
寝かしつけが上手くいかずにいつまでも寝ないというのがたまにであれば問題ありませんが、毎日寝る時間が遅いと3歳のお子さんが睡眠不足になってしまう可能性があります。

3歳の寝かしつけはいつまで??脳の成長に大切

睡眠には3歳のお子さんの体力回復はもちろん、成長ホルモンの分泌や自律神経を整えるという大切な役割があります。
また、学習や記憶に関係する脳の部分が成長するのにも睡眠は欠かすことができないため、心身共に成長する3歳のお子さんにとって十分な睡眠時間をとることはとても重要です。

寝かしつけをしてもいつまでも寝ないというのがたまにだったら問題ありませんが、いつまでも寝かしつけが出来ないというのが毎日であれば生活リズムを1度見直してみると良いでしょう。

3歳の寝かしつけはいつまで??お昼寝しない子は様子を見て

3歳になると体力がついてくるため、お子さんによってはお昼寝しないという子も出てきます。
お昼寝をしなくなると夜の睡眠時間がとても重要になるため、いつまでも寝かしつけが出来ないという状態が続かないようにママも生活リズムに気を配り、3歳のお子さんが睡眠不足になっていないか様子を見ましょう。

睡眠不足のサインとしては朝起きられない、昼間眠くなってしまうといったものがあるので、当てはまるようだったら寝かしつけや生活リズムを見直してみましょう。


寝かしつけはいつまで??5歳位はやめ時??

寝かしつけはいつまで??3歳の大きく成長する時に気をつける事は??まとめ




Sponsored Links

3歳のお子さんは心身ともに大きく成長する時期でもあります。
いつまでも寝なく寝かしつけに苦労しているといった場合は、寝かしつけのときに3歳のお子さんとママの間でちょっとした約束をしてみてはいかがでしょうか??

ママに余裕があるときはいつまでに寝かしつけをしないとという考えを捨て1度捨て、お子さんの声に耳をゆっくりと傾けてみましょう。

育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆