【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について・・
【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について・・

妊娠初期8週目といえば妊娠3ヶ月目頃ですね。
この時期は人によってはつわりが辛くて大変かと思います。
そのような状況で更に茶色い出血があると不安になってしまいますよね。

出血があった場合は産婦人科に相談することが一番ですが、妊娠初期8週目での茶色い出血が起こる要因について幾つか説明します。




Sponsored Links

【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について・・出血は多くの妊婦さんが体験しているの??

【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について・・
【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について・・

妊娠初期の8週目といえば赤ちゃんの心音が確認でき、正常な妊娠が確定して母子健康手帳がもらえる時期です。
まだ胎動などは感じませんが、これをもらうと妊娠したという実感が高まりますよね。

妊娠8週目はまだ妊娠初期の不安定な時期で、茶色い出血などが起こる人が多いと言われています。
この時期の出血は問題ないことも多いので不安になり過ぎることはありませんが、茶色い出血の状態をしっかり確認・記録して産婦人科を受診又は電話などで相談しましょう。




Sponsored Links

【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について・・子宮と胎盤の成長のずれ??

妊娠初期の8週目では、子宮はレモン位の大きさになり胎盤も機能し始めてきます。
子宮も胎盤も妊娠初期から赤ちゃんの成長につれてどんどん成長していきますがこの2つは成長に差が出てしまうことがあります。

妊娠初期8週目で子宮の方が先に成長していくと胎盤がそれに追いつけず端が少しだけ剥がれて出血してしまします。
この胎盤の出血は茶色い出血やおりものとして出てくることが多く量も少量です。
出血の色が茶色なのは血液が酸化している、つまり出血してから時間がたっているということです。

【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について・・内診後に出血することがある??

妊娠初期、特に初めての妊娠の場合は内診台に座って検査を受けるのに若干緊張してしましませんか??
筆者は出産をする最後まで慣れないな…と感じながら受けていました。
妊娠中は膣内な非常にデリケートな状態になっています。

なので、内診のわずかな刺激でも少量出血し、それが膣内に留まって酸化して茶色い出血になり後から出てくることがあります。
特にまだ妊娠初期8週目ではお腹の外からするエコーではなく経膣エコーかと思います。前回のエコーの時の出血が溜まっていて次のエコーの時に刺激で茶色い味の出血がでてくることも。

お医者さんも説明してくれるとは思いますが、内診後の出血で不安がある場合は相談しましょう。

『【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について・・』以外に妊娠初期5週目について詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。
【妊娠初期】茶色の出血!!5週目について・・

【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について 危険な場合はどのようなことが考えられるの??

【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について・・
【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について・・

妊娠初期8週目の茶色い出血は子宮と胎盤の成長のずれや内診時の刺激によるものなど問題ない場合もありますが、切迫早産や流産に繋がってしまうような注意するべきものもあります。

妊娠初期の出血などの症状の現れ方にも個人差がありますが、茶色い出血でも痛みを伴ったり色が赤くなったり量が増えるような場合は異常である可能性が高いです。

妊娠初期8週目では健診が1~2週間に一度と頻繁なので次の時に相談しようと思いがちですが、産婦人科に至急相談、受診をして適切な処置を受けましょう。

【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について 絨毛膜下血腫の可能性??

妊娠初期8週目に起こりやすい茶色などの出血の原因は絨毛膜下血腫であることも多いです。
受精卵が子宮に着床すると栄養を吸収するために絨毛という根を伸ばして張り、胎盤を形成していきます
その過程で毛細血管を傷つけてしまうと出血してしまします。この出血が塊になると絨毛膜下血腫といい、少量ならばそのまま体内に吸収されたり、茶色い出血やおりものとして体外に出されたりするので問題はありません。

ただし、出血が多く大きな血腫になった場合や血腫の場所が子宮口に近い場合は切迫流産や早産に繋がってしまうこともあるので、茶色い出血が続いたりや、出血の色が赤くなっていったり、腹痛やおなかの張りを伴ったりした場合は早めに産婦人科に相談しましょう。

また、茶色い出血などの自覚症状がなくても妊娠初期8週目のエコーなどで血腫があると診断される場合もあります。
血腫ができたら安静にすることが一番なので無理をしないようにしましょう。

【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について 初期流産、切迫流産の可能性??

妊娠初期から妊娠8週目まで茶色い少量の出血が長く続いていて、下腹部痛も伴う場合は初期流産の兆候や切迫流産になっている場合もあります。妊娠初期の流産は受精卵に問題があるので防ぐことはできません。

切迫流産の場合は流産ではなく流産になりそうな状態のことなので安静にして胎児の心拍がしっかりと確認されていれば妊娠を継続することができます。
妊娠初期8週目で茶色い出血はよく起こると思って放置はせずに産婦人科に相談しましょう。

【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について 子宮外妊娠の可能性??

妊娠初期8週目では、妊娠の可能性があると思って病院に行っている方が多いと思います。
病院を受診していれば胎嚢などの確認ができ子宮外妊娠の診断も早期に判断できます。

しかし、妊娠初期8週目ではまだお腹も目立っていません。
妊娠の可能性に気が付いておらず生理周期も不安定だと茶色い出血や下腹部痛があっても不正出血かな?と思ってしまう場合もあるそうです。

子宮外妊娠は進行すると卵管破裂などで大量出血になり母体の命が危険になってしまいます。
また、子宮外妊娠で茶色い出血があっても妊娠初期で着床出血かもしれないからもう少し後に病院にいけばよいと判断してしまうことも危険です。

産婦人科で経過を観察することが子宮外妊娠の早期発見に繋がるので妊娠の可能性がある場合や茶色い出血が長く続いて痛みもある場合は早めに産婦人科を受診しましょう。

【妊娠初期】茶色の出血!!8週目について・・まとめ




Sponsored Links

妊娠初期8週目で起こる茶色い出血について、問題ない場合や危険な場合の症状を幾つか紹介しましたが、問題のない場合の症状に当てはまっているからと言って必ずしも大丈夫であるとは限りません。妊娠初期8週目はまだまだ不安定な時期です。

出血がある場合は色や茶色や赤などの色、出血の量、他に症状があるのかなど気になったことは記録しておきましょう。
そして、出血が変化した場合や不安を感じるときは産婦人科に相談しましょう。

診療の時間外や休日であっても電話で相談できる場合が殆どだと思います。
そこで受診するべきかどうかも判断してくれるので指示に従いましょう。



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆