【妊娠初期】茶色い出血の塊は??原因と対処法は??
【妊娠初期】茶色い出血の塊は??原因と対処法は??

妊娠初期症状の中に茶色い出血があります。
多くの場合は着床出血や子宮の成長に伴うものなど問題のないものですが、茶色い出血の塊が出た場合、早期流産や切迫流産の危険性があります。

今回は、妊娠初期に茶色い出血の塊があった場合の原因と対処について紹介します。




Sponsored Links

【妊娠初期】茶色い出血の塊は??原因として考えられるものは??

【妊娠初期】茶色い出血の塊は??原因と対処法は??
【妊娠初期】茶色い出血の塊は??原因と対処法は??

妊娠中は赤ちゃんが無事に育つかどうかとても心配になりますよね??
妊娠初期、特に胎盤が完成する前は流産しやすい時期と言われています。

妊娠初期に茶色い出血の塊があったからといって必ずしも流産になるとは限りませんが危険なサインである可能性は高いです。
茶色い出血の塊を確認した場合は速やかに産婦人科に相談して指示を仰ぎましょう。




Sponsored Links

【妊娠初期】茶色い出血の塊は??早期流産が原因??

妊娠初期の流産は10~15%と意外に高く、珍しいものではありません。
早期流産の原因の多くは染色体異常など受精卵側の問題と言われています。
決して母体が運動や仕事し過ぎたせいではないので自分を責めすぎないようにしてください。

早期流産は茶色い出血などの出血の兆候があり、腹痛・お腹の張りなどが続いた後に茶色い出血の塊(子宮の内容物)がでるという進行流産が多いそうです。

進行流産が更に進んでいくと子宮内ものが完全に出てしまう完全流産か一部が残ってしまう不全流産となり、不全流産の場合は残ったものを取り除く処置が必要になります。

また、妊娠初期の早期流産には茶色い出血や茶色い出血の塊、腹痛などの自覚症状がない稽留流産があります。
稽留流産は胎児が死亡してしまっていても子宮内に留まっている状態で、つわりがないこともあるそうですが超音波検査ではじめてわかるものです。

放置すると強い腹痛や大量出血などの危険な状態になる場合もあるので定期健診を継続して受けることが大切です。

【妊娠初期】茶色い出血の塊は??切迫流産が原因??

妊娠初期から妊娠22週目以前に「流産しやすい状態」になってしまうことを切迫流産といいます。
流産という名称が付いているので不安になりますが切迫流産は流産すると決まっているわけではありません。

切迫流産を疑う時も流産の兆候と同じように茶色い出血や腹痛が続く、人によっては茶色い出血の塊が出る場合もあります。
切迫流産になる原因は、はっきりとわからないことも多いですがストレスや冷え、過労などもあるそうです。

切迫流産は産婦人科で適切な処置をうけ、胎児の心音もしっかりいていれば妊娠を継続することもできます。
無理をせず、異常を感じたら早めの産婦人科への受診が重要です。

【妊娠初期】茶色い出血の塊は??対処法はあるの??

【妊娠初期】茶色い出血の塊は??原因と対処法は??
【妊娠初期】茶色い出血の塊は??原因と対処法は??

妊娠初期に茶色い出血の塊がでて早期流産になってしまった場合、残念ながら進行を止めることができない場合が殆どです。
また妊娠初期の場合、まだ妊娠に気が付いておらず早期流産の茶色い出血の塊を生理が遅れてきたと勘違いする方もいるそうです。
妊娠の可能性がある方は基礎体温をつける、体調変化に注意するなど妊娠を意識しておくと異常にも気がつきやすくなると思います。

切迫流産の場合は、とにかく安静にしてください。場合によっては自宅安静ではなく入院措置や子宮収縮抑制剤などの投薬がされる場合もありますが妊娠初期の特に12週目以前では治療の選択肢があまりなく、安静指示のみの場合が多いそうです。

妊娠初期はとても不安定な時期です。
ストレスや冷え、過労が切迫流産に繋がってしまう場合もあるので生活習慣に気を付けて過ごしましょう。

【妊娠初期】茶色い出血の塊は??原因と対処法は??まとめ




Sponsored Links

妊娠初期に茶色い出血の塊が出た場合、考えられる原因と対処について述べましたが出血があった場合はなるべく早く産婦人科に相談・受診をしましょう。

妊娠初期の出血は心配になってしまいますが今回挙げたような危険な症状ではなく、問題のない場合もありますがその判断はお医者さんにしかできません。問題なければ受診することで安心もできます。

受診する際には落ち着いて自分の症状を話せるようにいつからなのか、出血の色(茶色や赤色など)、量(少量、大漁、塊を含むのか)、腹痛などの他の症状を伴うのかなどを紙や携帯のメモに纏めるといいと思います。
また安静指示になっても自宅だと家事など気になってしまいますが、無理をせず周りの方に助けを求め、体を大事に過ごしてください。



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆