妊娠初期に腹痛と下痢??嘔吐などの症状の対応は??
妊娠初期に腹痛と下痢??嘔吐などの症状の対応は??

妊娠初期に腹痛と下痢、嘔吐があると赤ちゃんに影響かないか心配になってしまいますよね。
妊娠初期は赤ちゃんを育て始めるために体が変化していて不安定な時期なので体調を崩すことはよくあります。
今回は妊娠初期の腹痛と下痢、嘔吐などの症状になった時の対処について紹介します。

Sponsored Links

妊娠初期に腹痛と下痢??嘔吐などの症状の原因は??

妊娠初期に腹痛と下痢??嘔吐などの症状の対応は??
妊娠初期に腹痛と下痢??嘔吐などの症状の対応は??

妊娠初期の体は赤ちゃんの成長のためにホルモンを分泌したり、子宮が大きくなって胎盤をつくったり、目まぐるしく変化していきます。
大きくなるエコーの画像やおなかを見るとうれしいですよね。

そんな時に腹痛や下痢、嘔吐など体調が悪くなると赤ちゃんに影響がないか心配ですよね。
症状の見極めにはお医者さんに相談するのが一番ですが、妊娠初期の腹痛と下痢、嘔吐などについて考えられる原因を説明します。

Sponsored Links

妊娠初期に腹痛と下痢??嘔吐などの症状の原因は??つわりが原因の可能性??

妊娠初期の腹痛と嘔吐、下痢はつわりが原因になっている場合があります。
妊娠初期とは妊娠4ヶ月頃までの期間のことを指します。

この期間はつわりが辛い方が多いですよね。

つわりの症状は個人差があり、また症状も吐き気や嘔吐、空腹になると気分が悪くなる、頭痛がする、ひたすら眠い、においに敏感になるなど多岐に渡ります。

つわりがおきる原因についてはまだはっきりとわかっていませんが、妊娠初期に症状が現れるので妊娠初期に分泌が増えているホルモンのせいではないかという説もあるそうです。

そして、つわりでは食生活が変化する方が多く、アイスやフライドポテトなど特定のものばかりが食べたくなることや常に食べていないと気持ち悪くなることがあります。

このことで胃腸に負担がかかり、腹痛や下痢になってしまうことがあります。
また、妊娠初期に分泌が増えるホルモンはhCG、エストロゲン、プロゲステロン等ですが、これらが多く分泌されることでホルモンバランスが崩れて自律神経が乱れ、腸の働きが悪くなって腹痛や下痢が起こる場合があります。

妊娠初期に腹痛と下痢??嘔吐などの症状の原因は??ウィルス性胃腸炎や食中毒が原因の可能性??

妊娠初期の腹痛と下痢、嘔吐はつわりが原因の場合があると説明しましたが、

「激しい腹痛がある」

「下痢が水溶性で何日もでる」

「発熱がある」

などの症状がある場合はつわりではなくウィルス性胃腸炎や食中毒に罹ってしまっている可能性があります。

妊娠中は赤ちゃんを育てるために免疫力が低下し、いつもは罹らないような病気にも罹りやすくなっています。
食中毒のリスクが妊娠中は高くなっているので生魚やチーズや生ハム、生卵などは妊娠中に食べるのはなるべく避けましょう。

この他にも、強い腹痛や出血がある場合は早期流産や切迫流産など深刻な病気の場合もあります。
少しでも不安を感じたら産婦人科に相談しましょう。

妊娠初期に腹痛と下痢??嘔吐などの症状があった時の対応について

妊娠初期に腹痛と下痢??嘔吐などの症状の対応は??
妊娠初期に腹痛と下痢??嘔吐などの症状の対応は??

妊娠初期に腹痛や下痢、嘔吐がった時の対処はどのようにしたらよいでしょうか。
まず、つわりの場合について説明します。

・体を温めて冷えないようにする
下半身が冷えると下痢をしやすいので、靴下をはく、腹帯をまく、時期によってはカイロなどを使って体が冷えないようにしましょう。
また、夏場でもクーラーのつけすぎには注意しましょう。

・消化しやすい食事をとる
腹痛や下痢、嘔吐が辛くても栄養を取らないと体力が落ちてしまいます。
柔らかく煮込んだうどんや豆腐など食べやすいものを選んでなるべく食べましょう。
食べつわりの時は食事を少量ずつ細かく取るようにして空腹にならないようにしてみましょう。

冷たいアイスやジュース、油が多いフライなどを取り過ぎても良くありません。
温かい飲み物で内側から体を温めても良いでしょう。

・水分補給をする
下痢の時に水分を補給したらまた下痢になるのでは…と思うかもしれませんが、水分が出て行ってしまっているので水分補給をしないと脱水になってしまいます。
下痢になると体の電解質も流出するので水よりも経口補給液の方が良いでしょう。

つわりの場合は必ず終わりがきます。大抵は安定期に入るころには落ち着いてくるのでうまく付き合っていきましょう。
ただ、つわりが重くなり体重減少や食事がとれない、脱水などの症状がある場合は妊娠悪阻が疑われます。これは病院で治療が必要なので辛いときは我慢し過ぎないようにしましょう。

次に、ウィルス性胃腸炎や食中毒が疑われる場合ですが、対処療法としては上記のつわりで下痢になる場合とほぼ同じですが、下痢止めなどの薬は自己判断で飲まないようにしましょう。妊娠期間中は薬の成分が赤ちゃんに影響する可能性があります。
お医者さんに相談すれば、妊娠初期でもできる処置をしてもらえるので疑わしい場合は病院に行きましょう。

妊娠初期に腹痛と下痢??嘔吐などの症状の対応は??まとめ

Sponsored Links

妊娠初期におこる腹痛と下痢、嘔吐などの原因と対処について紹介しましたが参考になりましたでしょうか。
妊娠初期症状として腹痛や下痢、嘔吐があると言っても、体調不良になると本当に大丈夫か不安になってしまいますよね。

一人で考えすぎてもストレスになり母体に良くありません。
土日や祝日、診療時間外でも産婦人科に電話で相談できるかと思いますので悩まずに相談してみましょう。受診の必要があれば、それも指示してくれるでしょう。



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆