妊娠初期と腹痛と腰痛が続く時の原因と対処法は?
妊娠初期と腹痛と腰痛が続く時の原因と対処法は?

妊娠初期は妊娠継続に向けて体が大きく変化するので、腹痛や腰痛などの体調不良になりやすい時期です。
ただでさえ妊娠初期はつわりで吐き気や頭痛なども続くのに腹痛や腰痛があると更に続くと気が滅入ってしまいますよね。
今回は妊娠初期に腹痛と腰痛が続く時の原因と対処法について紹介します。

Sponsored Links

妊娠初期の腹痛と腰痛が続く時の原因とは??

妊娠初期と腹痛と腰痛が続く時の原因と対処法は?
妊娠初期と腹痛と腰痛が続く時の原因と対処法は?

妊娠初期には幾つかの理由で腹痛や腰痛が続くことがあります。不安定な妊娠初期に痛みがあって動けないと不安になりますが、妊娠初期に続く腹痛や腰痛の多くは妊娠初期症状として妊娠初期に自然に起こる事なので大きな心配はいりません。

Sponsored Links

妊娠初期の腹痛と腰痛が続く時の原因 ホルモンによるもの??

妊娠初期は赤ちゃんのために様々なホルモンが大量に分泌されます。
その中でも「リラキシン」というホルモンは体を妊娠・出産しやすい状態をつくるために靭帯を緩め、骨盤を開きやすくする働きがあります。

そのため、骨盤やその周りに筋肉にいつもはない負担がかかり、腰痛が続く場合があります。
腹筋などを普段から鍛えている人はこれが原因の腰痛は起きにくいそうです。

また、他にもhCG、エストロゲン、プロゲステロンなどのホルモンが多量に分泌されることで母体のホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れて腸の働きが悪くなって下痢や便秘になり、腰痛や腹痛が続くこともあります。

妊娠初期の腹痛と腰痛が続く時の原因 子宮の成長によるもの??

妊娠初期は子宮がだんだんと大きくなって他の臓器を圧迫していきます。
特に腸は子宮の近くにあるので影響を受けやすく、腸が圧迫されて動きが鈍くなることで便秘や下痢になり、腹痛が続く場合があります。

また、子宮が大きくなると徐々に重心が前になるため背中側の筋肉に負担がかかり、腰痛が続いてしまうこともあります。

妊娠初期の腹痛と腰痛が続く時 どのように対処したらいいの??

妊娠初期と腹痛と腰痛が続く時の原因と対処法は?
妊娠初期と腹痛と腰痛が続く時の原因と対処法は?

妊娠初期症状に腹痛、腰痛が続く症状は胎盤が安定する頃には自然に収まることが多いです。
しかし、それまで続く痛みをずっと我慢するのも辛くて大変ですよね。

妊娠初期症状の腹痛、腰痛の痛み方は個人差があるのでどの方法が一番有効かなどは言えないのですが、自分に合った方法をみつけてみましょう。

Sponsored Links

妊娠初期の腹痛と腰痛が続く時の対処 体を温めて安静にする

妊娠初期の腹痛、腰痛が続く時、筋肉に負担がかかって腰痛になっている場合は温めると楽になる場合があります。
下痢や便秘などで腹痛を感じている場合もお風呂にゆっくりつかり、体を温めましょう。

電子レンジでぬれタオルを温めて蒸しタオルをつくり、痛いところにあてるのもお勧めです。
やけどには注意しましょう。

妊娠初期の腹痛と腰痛が続く時の対処 骨盤ベルトで体を支える

妊娠初期の腹痛、腰痛が続いて歩くのも辛いという時は骨盤ベルトなど体を支える補助をしてくれる道具を利用することもお勧めです。
最近は薬局や通販でもいろいろな種類のベルトが売っているので自分に合ったものを探してみましょう。

かかりつけの産婦人科で腰痛を相談すれば骨盤ベルトの紹介やつけ方など指導してくれることもありますので悩んでいる場合は定期健診などで相談しましょう。

特に骨盤ベルトを付ける位置は普通のベルトと違うので赤ちゃんに負担を与えないためにも使い方はしっかり確認しましょう。
骨盤ベルトは産後の骨盤のケアにも使えますので一つ持っているといいと思います。

妊娠初期の腹痛と腰痛が続く時の対処 湿布や内服薬などの使用について

妊娠初期に続く腰痛には湿布を使いたくなることもありますよね。
しかし、妊娠中は赤ちゃんに影響がでると大変なので使用できる薬に制限があります。

市販されている湿布も強力な消炎鎮痛剤(ボルタレン、インドメタシンなど)を配合しているものは妊娠中に使用は控えるように説明書や箱の裏に記載があります。

どうしても湿布が使いたい場合はお医者さんで妊娠中である事を必ず相談したうえで処方されたものを使いようにしましょう。
外科などでも処方してくれるかもしれませんが産婦人科で相談すれば妊娠の状態をわかっているので安心でしょう。

また腹痛が続く時も痛み止めや便秘薬、下痢止めなどを使いたくなってしまいますが、これも市販のものを自己判断で使用せずにお医者さんに相談しましょう。

妊娠初期の腹痛と腰痛が続く時の原因と対処法は?? まとめ

Sponsored Links

妊娠初期の腹痛、腰痛が続くことは妊娠初期症状としてよくあるので心配はいらないとお伝えしましたが、腹痛と腰痛が続くことに加えて出血や痛みが強くなる、冷や汗がでるなど他の症状を伴うときは子宮外妊娠や切迫流産などの重大な問題が隠れている可能性もあります。
そのような症状があり少しでも不安に感じる時は定期健診を待たずに産婦人科に相談し、受診の必要があると言われたら速やかに病院に行きましょう。