妊娠初期の腹痛と腰痛と吐き気と下痢の原因と対処法は?
妊娠初期の腹痛と腰痛と吐き気と下痢の原因と対処法は?

自分の体調変化から、もしかして妊娠??と思い病院で妊娠が判明する妊娠初期ですが、嬉しいのもつかの間…腹痛・腰痛・吐き気・下痢などの妊娠初期症状に悩まされる方も多いですよね。

全て同時に発症することはないかもしれませんが、どれかは経験するのではないでしょうか??
今回は、妊娠初期の腹痛と腰痛と吐き気と下痢の原因と対処法を紹介します。

妊娠初期の腹痛と腰痛と吐き気と下痢 原因と対処はどんなことがあるの??

妊娠初期の腹痛と腰痛と吐き気と下痢の原因と対処法は?
妊娠初期の腹痛と腰痛と吐き気と下痢の原因と対処法は?

妊娠初期はまだ赤ちゃんへ栄養を送る胎盤が完成しておらず、不安定な状態を言われています。
そして、妊娠初期といえばつわりに代表される体調不良になることが有名ですよね。

妊娠初期に現れる体調不良を妊娠初期症状といい、腹痛・腰痛・吐き気・下痢などがあります。
症状の現れ方にはかなりの個人差があり、原因の判断も難しいですが妊娠初期の腹痛・腰痛・吐き気・下痢の原因について考えられる要因は以下のようになります。

妊娠初期症状で腹痛になる原因とは??

妊娠初期の腹痛の原因としては、子宮が大きくなることで起きるものがあります。
子宮が大きくなって周囲の臓器を圧迫し、痛みが起きる場合や子宮が大きくなることで腸を圧迫して腸の活動が鈍くなり便秘から腹痛が起きる場合があります。

また、妊娠初期はホルモンバランスが大きく変化するのでその影響で自律神経が乱れ、胃腸の活動に影響を与えて胃痛や下痢・便秘からの腹痛が起きることがあります。

妊娠初期症状で腹痛になった時の対処とは??

妊娠初期に腹痛になったときはなるべく休みましょう。
場所や時間があれば横になれればよいですが無理な場合は立っているよりは座りましょう。

また、お腹を冷やさないように腹巻やカイロで温めるようにし、水分補給も冷たすぎるものを飲むのは避けましょう。
下痢や便秘を避けるためには食生活の改善も検討しましょう。

妊娠初期症状で腰痛になる原因とは??

妊娠初期の腰痛の原因はリラキシンというホルモンが原因の場合があります。
このホルモンは体が妊娠・出産しやすいように靭帯を緩め、骨盤を開きやすくする働きがあります。

そのため、骨盤やその周囲に通常はない負荷がかかり腰痛になることがあります。
また、他にもhCG、エストロゲン、プロゲステロンなどのホルモンが多量に分泌されることで母体のホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れて腸の働きが悪くなって下痢や便秘になり、腰痛が続くことや子宮が大きくなって重心が前側になり、背中側の筋肉に負担がかかって腰痛になる場合があります。

妊娠初期症状で腰痛になった時の対処とは??

妊娠初期の腰痛になったときは下痢・便秘からきている場合は体を温かくして水分や食物繊維を多くとるなど食生活を改善してみましょう。
また、冷たい飲み物や脂っこいものなど消化に良くないものは多く取らないようにしましょう。

子宮の成長や靭帯のゆるみから腰痛がきている場合は骨盤ベルトなど子宮をさせてくれる道具を使用し、姿勢に気を付けてみましょう。

動いているとどうしても子宮が重力で下に引っ張られて靭帯が伸びて痛んだりあくる揺れで負担がかかったりします。
腰痛がある場合は出来れば横になって休むなど無理をしないようにしましょう。

妊娠初期症状で吐き気を感じる原因とは??

妊娠初期の吐き気といえばつわりが有名ですよね。
一口につわりと言っても症状にはかなりの個人差があり、吐きつわり・食べつわり・寝つわり・においつわりなど様々です。

そして実は、つわりの原因はよくわかっておらず、妊娠初期に分泌されるホルモンの影響や自律神経の乱れ、体の防衛反応等の理由ではないかという説があります。

妊娠初期症状で吐き気を感じた時の対処とは??

妊娠初期のつわりは症状に個人差があり症状も吐き気以外に様々です。
つわりに対してこれをすれば必ず治るという方法はないので難しいですがつわりは必ず終わりがあるので気を紛らわしたり安静にしたりして無理なく過ごしましょう。

吐き気がひどくいつも食べていた物を受け付けない場合は何か少しでも食べられるものを探しましょう。
水分不足にもなりやすいのでこまめに水分補給しましょう。

ただの水では体が受け付けない場合はレモン水にしてみたりルイボスティーや麦茶などノンカフェインの飲み物を試してみたりみましょう。
また、つわりが重すぎる場合は妊娠悪阻といって病院で治療が必要なこともあります。

一日中吐き続ける、体重が大幅に減少する、何も食べられないなどの症状がある時は無理をせず産婦人科に相談しましょう。

妊娠初期症状で下痢になる原因とは??

妊娠初期症状の下痢は妊娠初期に色々なホルモンが大量に分泌されてホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れて胃腸の調子が悪くなったことによりおきる場合があります。

また、妊娠初期はつわりでアイスクリームなどの冷たいものやフライドポテトなど脂っこいものが無性に食べたくなるなど食生活のバランスが崩れてお腹の調子が悪くなり、下痢になることもあります。

更に妊娠中は免疫力が低下していて、普通に食べていたものでも食中毒による下痢を起こしやすくなっています。
お刺身や生卵やローストビーフや生ハム、チーズなどは妊娠中の食中毒の原因になる可能性があるので注意しましょう。

妊娠初期症状で下痢になった時の対処とは??

妊娠初期に下痢になってしまった時はまず体を冷やさないようにして安静にしましょう。
そして下痢で水分が出てしまうと脱水になってしまうのでこまめに水分補給しましょう。

この時、冷たい飲み物ではなく温かい飲み物や常温のものが良いでしょう。
食中毒になりやすいという食べ物は避け、消化に良いものを食べるようにしましょう。
食中毒で下痢になった場合は病院を受診した方がよいので、疑わしい場合は産婦人科に相談しましょう。

妊娠初期の腹痛と腰痛と吐き気と下痢の原因と対処法は?? まとめ

妊娠初期症状で腹痛・腰痛・吐き気・下痢になることはよくありますが、症状が続いたり重複したりすると辛くなってしまいますよね。
つわりによる吐き気などは妊娠初期を過ぎて胎盤が安定すると改善することもありますが多くは対処療法しかできないのでとにかく無理はしないようにしましょう。

また、腹痛・腰痛・吐き気・下痢などの症状がひどくなる場合や出血がある場合は子宮外妊娠や切迫流産などの危険な兆候の時もあります。

どんな症状が出ているかを記録し、かかりつけの産婦人科に相談するようにしましょう。
妊娠初期はまだ妊娠が始まったばかりで不安も多いかと思いますが、ストレスも母体に良くないので無理をせずゆったりと過ごしましょう。