赤ちゃんの寝かしつけでトントンの効果は?コツはある?
赤ちゃんの寝かしつけでトントンの効果は?コツはある?

赤ちゃんの寝かしつけをしてもなかなか寝てくれないという悩みを持つママは多くいますが、寝かしつけのときに赤ちゃんの背中をトントンすると比較的赤ちゃんが早く寝てくれるということをご存じでしょうか??

そこで今回は赤ちゃんの寝かしつけで大活躍する背中トントンのやり方をご紹介します。

Sponsored Links

赤ちゃんを背中トントンで寝かしつけるコツは??環境作りから始めてみて

赤ちゃんの寝かしつけでトントンの効果は?コツはある?
赤ちゃんの寝かしつけでトントンの効果は?コツはある?

赤ちゃんはママのお腹にいるときにママの心音を聞きながら過ごしていたため、寝かしつけで背中トントンをすることでその頃を思い出し、安心することで寝かしつけが比較的簡単にいくと言われています。

寝かしつけのときだけでなく赤ちゃんがぐずったときにも背中トントンは効果的と言われているので、ぜひ実践してみてくださいね。

赤ちゃんを背中トントンで寝かしつけるコツは??赤ちゃんの状態を良くしよう

赤ちゃんを背中トントンで寝かしつけときは、まずは赤ちゃんの状態を整えてあげましょう。

お腹は空いていませんか??
オムツは濡れていませんか??

最近の紙おむつは性能が良いため、少量のおしっこでは不快感を感じることも少ないですが、赤ちゃんの寝かしつけをよりスムーズに進めるために少しでも不快に感じる原因を取り除くようにしましょう。

Sponsored Links

赤ちゃんを背中トントンで寝かしつけるコツは??室内環境は大丈夫??

赤ちゃんを背中トントンで寝かしつけるときに、赤ちゃんの状態を良くするほかに寝かしつけをする室内環境を整えてあげることも大切です。

寝室の温度は20度前後が適温と言われています。
また、明るすぎる照明は寝かしつけの妨げにもなります。
大人でもそうですが、寝る前は眠りに快適な環境を整えるようにしましょう。

赤ちゃんを背中トントンで寝かしつけるコツは??基本は体調が良いときに

赤ちゃんの寝かしつけでトントンの効果は?コツはある?
赤ちゃんの寝かしつけでトントンの効果は?コツはある?

赤ちゃんを背中トントンで寝かしつけるときは、赤ちゃんの体調が良いときを基本としましょう。
赤ちゃんが風邪気味で鼻が詰まっていたりいつもと様子が違うと感じたときは、赤ちゃんをよく観察しながら行ないましょう。

また赤ちゃんによっては寝かしつけで背中トントンを嫌がる子もいます。
そのような場合は無理に背中トントンをするのではなく、その赤ちゃんの個性と受け止めてあげましょう。

赤ちゃんを背中トントンで寝かしつけるコツは??一定の速さでトントンしよう

寝かしつけで赤ちゃんを背中トントンする場合は、一定の速さと間隔でトントンするようにしましょう。
背中トントンするときに歌いながら行なうと、つい歌のリズムに合わせてリズムが狂い逆効果になる場合があります。

またトントンする速さはその赤ちゃんによって好みがあるので、寝かしつけでどの速さが好みなのか色々試してみましょう。

赤ちゃんを背中トントンで寝かしつけるコツは??強さは赤ちゃんに合わせて

寝かしつけで赤ちゃんを背中トントンするとき、どれくらいの強さでトントンすれば良いのか迷ってしまうママも多いと思いのではないでしょうか??

一般的に寝かしけで赤ちゃんを背中トントンするときは、優しくトントンするよりも少し強めにトントンしたほうが効果的と言われています。
強めにトントンするのに抵抗がある場合は手の平を少し丸めながら行なってみましょう。

赤ちゃんの寝かしつけでトントンの効果は??コツはある??まとめ

Sponsored Links

赤ちゃんを背中トントンで寝かしつけるときは、まず赤ちゃんの状態を良くしてあげることが大切です。
トントンするときは一定のリズムを心がけ、赤ちゃんの様子を見ながらどのくらいの速さが寝かしつけ時の赤ちゃんの好みなのか把握すると、寝かしつけがグンと楽になりますよ。



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆