子供がご飯食べないのは病気??イライラを抑える考え方
子供がご飯食べないのは病気??イライラを抑える考え方

子供がごはんを食べないと病気なのではと心配されているパパママもいらっしゃるのではないでしょうか。
このままでは栄養が偏ってしまうのでは。大きくなれないのでは。心配になり、無理に食べさせようとしてしまって余計束無くなるという悪循環・・この記事では子供がごはんを食べない時、病気という心配も視野に入れつつ一緒に考えていきたいと思います。




Sponsored Links

子供がごはんを食べない時の原因・理由を考える

子供がご飯食べないのは病気??イライラを抑える考え方
子供がご飯食べないのは病気??イライラを抑える考え方

子供がごはんを食べない時、
・いつまも口の中に食べ物を入れていて一向に量が減らない
・好き嫌いなのか一定の食べ物しか食べない
・1口2口食べたらもうイヤイヤと口に入れたがらない
・口の中で咀嚼した後に出してしまう

など小学校に入る7歳頃まではご飯を食べる事に意欲的でない子が多い傾向にあります。
まず単純に子供はお腹が空いていなければご飯を食べたがりません。これは大人もそうですね。
子供は大人よりも感覚が鋭いので特にお腹が空かなければご飯を食べないのです。お腹が空いていない理由として考える点もいくつかあります。

下痢や嘔吐・履き戻し・湿疹・咳など子供がご飯を食べない意外にも症状が出ている場合は病気の可能性がありますので、
かかりつけの医師に診てもらった方が良いでしょう。




Sponsored Links

 消化力が弱い子は特に食べ物を考える

食べ物の消化力が弱い子は脂質や塩分・糖分をたくさん含む食べ物は避けて消化をサポートする食材を摂取させるように心掛けましょう。フルーツ系やキャベツ・大根・マグロ・山芋・タマネギなどがオススメの食材です。

子供がご飯を食べないからと怒らない

子供がご飯を食べないのは食事環境が良くない事も考えられます。早く食べなさい!!残さず食べなさい!!などネガティブな発言ばかりを繰り返していると、それが子供にとってストレスとなってご飯を食べないという事も考えられます。大人もそyですが、食事は楽しい場にしないと苦痛ですよね。
ご飯を一緒に楽しく食べられる家庭は明るいですよね。

子供もご飯を食べないのは病気だけでなく、心因的な要因はないかもう一度考えてみるのも良いかもしれません。

子供がご飯を食べない時・病気を疑うが便秘の可能性も??

子供がご飯を食べない時に下痢や嘔吐などがあり病気を疑う事もあるかと思いますが、逆に便秘という可能性もあります。
便秘によって腸を膨張させてしまうので、胃を押し上げてしまい子供の食欲も低下させてしまうので、固い便をしていたり肌がカサカサ感想しているなど、日頃の子供の様子も見逃さないように注意しなければなりません。

食物繊維を多く含む食べ物や、整腸作用を促すヨーグルトを毎日食べさせる事・水分を摂取するなど対策を練っていきましょう。
ちなみに我が家はジュースが好きで一番最初に覚えた言葉がジュースなのでは??という位,冷蔵庫を指差して「ジューチュ?!」と疑問系で言ってきます(笑)最近、便がゆるいのもそのせいかもしれません・・

子供がご飯を食べない時は食事よりも夢中になるものを目の前に置かない

子供がご飯を食べない事の原因として、テレビやおもちゃなど目線の先に置いておくと危険かもしれません。
夢中になってしまい、ご飯を食べる事への集中力がテレビやおもちゃに奪われる危険性があります。子供は物事の優先順位が、まだはっきり判断出来ないので食べる事よりも遊ぶ事に興味を引いてしまいご飯を食べなくなってしまいます。

考えてみると我が家もどさくさに紛れてテレビを見せている時に食べさせる事に味を占めていましたが(笑)最近はあまり食べないという感覚だったので一度テレビを消して食べさせる事をしてみようと思います。そういった環境創りも大切になってきますね。

食事の生活習慣も考える

一日のリズムで睡眠と食事をバラバラにしてしまうと、自律神経のコントロールができなくなってしまうので食欲が阻害されてしまいます。

子供がご飯食べないのは病気??1歳2歳の食事

子供が1歳や2歳くらいの時は食生活に基礎を作る時期。食事量が少なかったり、イヤイヤと食べ物を選ぶのも心配なところです。
しかしこの時期は食事の量よりも食事のバランスに注意した方が良いです。おやつばかりを欲しがるからおやつばかり与えるのも今後の食事の習慣に良くありません。
肉や魚もしっかり与えてください。

便もチェックポイントとなり、食事量が少なくても定期的に便が出ていれば問題ありません。
便の数が少なかったり、便秘がちの場合は外でしっかり遊ばせるなどお腹を空かせる習慣を作った方が良いでしょう。
特に便秘などの場合はお腹をマッサージしてあげたり、水分補給をこまめにさせるなどして対策を練った方が良いでしょう。

子供がご飯を食べない原因の一つにおやつをあげ過ぎるという事もあります。
子供の味覚は甘味から覚えていくので、どうしてもご飯よりもおやつの方が食べたくなってしまいます。
いくらおやつを欲しがっても肝心なご飯を食べないのでは身体の成長にも良くありませんので、おやつではなく食後のデザートとして果物やゼリーを与えるのが良いっでしょう。

子供がご飯食べないのは病気??イライラを抑える考え方まとめ




Sponsored Links

基本的に子供がご飯を食べない原因や理由は子供が3歳・4歳になっても変わりません。
子供がご飯を食べないとどうしてもパパママとしては心配になってしまいますよね。今回、この記事で取り上げさせていただいた項目を一つずつ考えて改善していけば解決の糸口が見つかるのではないでしょうか。心配だからこそ、大切だからこそやらなければならない事もあり、結果イライラしてしまう事も増えるので、是非参考にしていただけたら幸いです。




マミーダディの赤ちゃん子育て楽しいブログ☆『愛の生活の知恵』内のよく読まれている記事はこちら