新生児,しゃっくり,ミルクの後,原因,嘔吐,注意,

新生児にミルクをあげた後、しゃっくりしてしまうことはありませんか??
しゃっくりとはいえ小さい体でしゃっくりをして体が跳ねていたり、しゃっくりして嘔吐してしまったりすることもあるので心配になってしまいますよね。

今回は、新生児のミルクの後のしゃっくりの原因と対処、嘔吐などをした時の注意点についてご説明します。

Sponsored Links

新生児のミルクの後のしゃっくりの原因について

新生児も大人も同じですが、しゃっくりとはお腹の下側にある横隔膜が痙攣することが原因です。
新生児はミルクを飲む際に空気も飲み込んでしまうためミルクの後にはお腹が膨れて横隔膜を圧迫しやすく、横隔膜の発達も未熟なため痙攣をおこしやすくてしゃっくりが出やすいと言われています。

また、体温の変化でしゃっくりが出やすくなる場合もあるそうです。
新生児のしゃっくりは長時間続いてしまうこともありますが大人程苦しくないそうです。

しかし、寝る前などだとしゃっくりで寝られなくてぐずってしまったり、ミルクや飲んだ後だとしゃっくりの刺激で嘔吐してしまったりすることもあるので注意しましょう。

Sponsored Links

新生児のミルクの後のしゃっくりはどのように対処すべき??

新生児,しゃっくり,ミルクの後,原因,嘔吐,注意,

新生児のミルクの後のしゃっくりについて原因を紹介しましたが、次にどのように対処したらよいか紹介します。
ただ、しゃっくりをしただけでは赤ちゃんはあまり苦しさを感じていないので基本的には自然に止まるのを待ちましょう。

子供や大人は驚かしたりするとしゃっくりが止まることもあるからといって新生児にそれをやってはいけません。
驚いて泣いてしまうこともあるので注意しましょう。

新生児のミルクの後のしゃっくりの対処:嘔吐してしまったとき

ミルクの後のしゃっくりで嘔吐してしまったときは嘔吐物が気管や食道に逆流してしまうと炎症を引き起こしたり、離乳食後だと嘔吐物が詰まってしまったりする危険性もあります。

嘔吐物が逆流しないように寝かせている場合は顔を横に向けましょう。

寝かしつけの方法で新生児の対策は??ママが疲れない為に・・

新生児のミルクの後のしゃっくりの対処:飲み物を飲ませましょう

一番有名な方法ですが、新生児のミルクの後のしゃっくりには少しだけ飲み物を飲ませると止まることがあります。
満腹の状態だと飲ませすぎると嘔吐の原因にもなりかねないので注意しましょう。

飲ませるものはミルクや母乳以外にも飲める月齢であれば白湯や麦茶でも構いません。

新生児のミルクの後のしゃっくりの対処:おむつを替える

赤ちゃんのお腹が満腹そうでこれ以上ミルクなどを飲ませると嘔吐しそう…という時はおむつを替えてみましょう。
しゃっくりはおしっこをしておむつが濡れて体温が下がっていることが原因の場合もあります。

しゃっくりをしだしたらおむつに注意して、おしっこでおむつが濡れている場合は変えてあげるようにしましょう。

新生児のミルクの後のしゃっくりの対処:げっぷをさせる

ミルクと一緒に飲んだ空気がお腹に溜まることで横隔膜を刺激してしゃっくりが出ている場合は、げっぷをさせてあげるとしゃっくりが止まることもあります。

ミルクの後のげっぷはミルクを飲むときに一緒に飲んでしまった空気をだす意味があり、嘔吐を予防にもなります。
なかなかげっぷをしない時は無理に行うことはありませんが、縦に抱っこして背中をトントンしたり、やさしくさすってあげたりしましょう。

妊娠初期の腹痛と生理痛との違いは??着床痛と何が違うの??

新生児のミルクの後のしゃっくり 注意したいポイント

新生児,しゃっくり,ミルクの後,原因,嘔吐,注意,

新生児でミルクの後にしゃっくりをするのはよくある事ですが、注意が必要なしゃっくりもあります。
注意したいしゃっくりは「しゃっくりを2日以上続くとき」「しゃっくりが頻繁でぐったりしていてミルクや母乳を飲む量が減っているとき」「しゃっくり以外に熱や発疹があるとき」などがあります。

Sponsored Links

注意したい新生児のミルクの後のしゃっくり:しゃっくりが2日以上続くとき

しゃっくりは数分で止まることもあれば長時間し続けてしまうこともありますが、新生児でミルクの後のしゃっくりが2日以上続く時は注意が必要です。

2日以上続くしゃっくりを「持続性吃逆(きつぎゃく)」といい、更に一ヶ月しゃっくりが続くことを「難治性しゃっくり」といい何らかの病気が原因になってしゃっくりをしている可能性があります。

新生児はしゃっくりなどの刺激で嘔吐もしやすいですし、しゃっくりが続いていると眠れなくて辛いこともあるので、しゃっくりが2日以上続く場合は一度小児科や内科などに受診しましょう。

注意したい新生児のミルクの後のしゃっくり:しゃっくりが頻繁でぐったりしていてミルクや母乳を飲む量が減っているとき

新生児のミルクの後のしゃっくりが止まらない時、ぐったりしてミルクなどを嘔吐してしまったり飲む量が減ったりしているときは肺炎やお腹の炎症のせいで横隔膜が刺激されたり膿が溜まっていたりすることが原因でしゃっくりを引き起こしていることもあります。

まだ自分で体調の報告が出来ない新生児の様子を把握するのは大変ですが、注意して様子をみて異常を感じたときは小児科などへ相談・受診をするようにしましょう。

注意したい新生児のミルクの後のしゃっくり:しゃっくり以外に熱や発疹があるとき

新生児のミルクの後のしゃっくりで熱や発疹など伴っているときは食物アレルギーが原因でしゃっくりが起きている可能性があります。
食物アレルギーでしゃっくりが起こる事は稀ですが、離乳食をはじめた時期など食物アレルギーに注意したいときには症状の一つとして頭の隅に覚えておくと良いでしょう。

食物アレルギーでは熱、発疹以外にもくしゃみや鼻水、咳などの症状が出たり新生児は嘔吐しやすいのでしゃっくりや咳などの刺激で嘔吐してしまったりもするので食後の赤ちゃんの様子には注意しましょう。

もし食物アレルギーの疑いがある時は、小児科やアレルギーの取り扱いがある病院を受診しましょう。
対象の品目が判れば良いですが、不明な場合は症状がでる前の食事のメニューをお医者さんに伝えると対応しやすいでしょう。

新生児のミルクの後のしゃっくりの原因は??嘔吐などの注意点… まとめ

Sponsored Links

新生児のミルク後のしゃっくりの原因と対処、嘔吐などの注意点について紹介しましたが色々と機能が未発達な新生児のしゃっくりはよくあることなのでしゃっくりをしていても元気そうな様子なら心配し過ぎなくても大丈夫でしょう。

成長するごとに新生児の体も丈夫になり、ミルクの後にしゃっくりが頻発することも無くなってくるので嘔吐や体調の良し悪しには注意して赤ちゃんの成長を見守っていきましょう。