新生児,しゃっくり,吐く,対処,対策,放置,

新生児はしゃっくりが出やすいですが、しゃっくりでミルクや母乳を吐いてしまうことがあると驚きますよね。
しゃっくりの対処法として放置してもいいって聞いたけど本当??

しゃっくりで吐いてしまうことに対する対策は何かないの??と思われる新生児のお母さんへ。
今回は、新生児のしゃっくりで吐く時の対処法と対策についてご紹介します。

Sponsored Links

新生児がしゃっくりで吐いてしまうのはなぜ??

新生児,しゃっくり,吐く,対処,対策,放置,

新生児がしゃっくりしやすいのは横隔膜が未発達で刺激を受けると痙攣しやすいためと言われています。
ミルクや母乳と一緒に飲み込んだ空気がお腹の中に溜まって横隔膜を刺激したり、おしっこをしたことでおむつが濡れて体温が下がって横隔膜を刺激したりすることなどでしゃっくりが起こります。

そして、新生児の胃袋の形は大人とは違いとっくりのような形で胃の入り口と袋が直線状になっているので非常に吐き戻しをしやすくなっています。

これらのことから、ミルクや母乳を飲んだ後に横隔膜の痙攣でしゃっくりがでるとそれによって胃が刺激されて吐くことがあります。
ミルクや母乳を吐く赤ちゃんをみると体調が悪いのかと心配になってしまいますが、新生児がミルクや母乳を吐くことはよくあるので吐いても元気そうな様子なら問題ないでしょう。

次に、新生児がしゃっくりで吐くことに対する対策と対処について紹介します。

Sponsored Links

新生児がしゃっくりで吐いてしまうことに対する対策と対処

新生児,しゃっくり,吐く,対処,対策,放置,

新生児のしゃっくり自体はよくあることで、新生児のしゃっくりは大人程苦しく感じてはいないそうなので放置して自然に止まるのを待っても良いでしょう。

しかし、ミルクや母乳を飲んだ後のしゃっくりは吐く可能性がありますし、寝る時間にしゃっくりをし出すと寝付きにくくなってしまって大変ですよね。

しゃっくりが出にくくするための対策としては「げっぷをさせる」「ミルクを飲ませる角度に注意する」、「ミルクや離乳食の温度・食べさせ方に注意する」などがあり、しゃっくりが出てしまったときの対処としては「少し飲み物を飲ませる」、「体温を調整する」などがあります。

また、ミルクや母乳を吐いてしまったときにも吐き戻しが逆流しないように注意が必要です。

Sponsored Links

新生児のしゃっくりで吐く時の対策について

新生児のしゃっくりが出にくいようにするには、ミルクや母乳と一緒に飲んでしまった空気を飲み終わった後すぐにげっぷで出してあげると良いでしょう。
げっぷが出にくい場合は縦に抱っこしてあげて背中をさするだけでも吐くことを予防できます。

また、哺乳瓶での飲ませ方にも注意が必要です。
赤ちゃんを横抱きにして哺乳瓶の角度は母乳を授乳する角度と同じ45度位にしましょう。

そして、ミルクや離乳食の温度が高すぎたり低すぎたりするとその温度で横隔膜を刺激してしゃっくりが出てしまうことがあるのでいつもしゃっくりが出る時は温度の見直しをしてみましょう。

新生児のしゃっくりの止め方は??原因とゲップ対策!!

新生児のしゃっくりで吐く時の対処について

しゃっくりが出てしまったときは少し放置して様子をみても良いですが、大人と同じように少しだけ飲み物を飲ませるとしゃっくりが止まることもあります。

飲ませるものはミルクや母乳、月齢的に可能であれば白湯や麦茶が良いですが、お腹がいっぱいの時に飲ませると吐く原因となるので注意しましょう。

また、しゃっくりで吐いてしまった時は吐き戻したものが気管や食道に詰まってしまうと大変なので体や顔を横に向けて吐いたものがちゃんと出るようにしましょう。

吐いた後にぐったりしていて呼吸しにくそう、顔色が悪いなどの場合は吐いたものを詰まらせた可能性があり、吐いたものの色がミルクや飲んだものの色、透明な色ではなく緑がかった色の場合は腸閉塞などで胆汁を吐いしまっている可能性があるのでは念のため小児科に相談・受診をするようにしましょう。

新生児のしゃっくりで吐く時の対処法と対策は?放置はあり?

新生児のしゃっくりで吐く時の対処法と対策は??放置はあり?? まとめ

Sponsored Links

新生児のしゃっくりで吐く時の対処法と対策、放置していても良いのかについてご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。
新生児はどうしてもしゃっくりが出やすく、しゃっくりの刺激で吐くことが多いので不安になってしまいますが、いつ吐き戻しても良いようにタオルや着替えを準備したり、赤ちゃんの様子をよく見たりして焦らないようにしましょう。

赤ちゃんの機嫌がよく、体調に問題がなさそうなら吐いても病院の行く必要はなく、吐き戻しを片づけたら放置で大丈夫です。
新生児はよく吐くものですが、成長すれば徐々に吐くことは減っていきます。赤ちゃんの成長を楽しみながら育児を頑張っていきましょう。



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆