新生児,しゃっくり,毎日出る,楽な姿勢,

新生児はしゃっくりをしやすいと言われていますが、毎日出ていると心配になってしまいますよね。
楽な姿勢や予防方法があれば知りたいと思うのも親心だと思います。
今回は新生児のしゃっくりが毎日出る時の楽な姿勢、予防方法についてご紹介します。

Sponsored Links

新生児のしゃっくりが毎日出るのはなぜ??

新生児,しゃっくり,毎日出る,楽な姿勢,

しゃっくりとは横隔膜が痙攣して出ます。
新生児はこの横隔膜が未発達のためちょっとしたことでも横隔膜が痙攣し、しゃっくりが起きてしまいます。

新生児のしゃっくりに繋がる刺激としてはミルクや母乳の温度が刺激になったり、母乳やミルクと一緒に飲んだ空気がお腹を圧迫して刺激になったり、おむつが濡れたり空調が影響して体が冷えることが刺激になったりします。

日々のお世話の中で必ずすることが引き金になっているのでしゃっくりをしやすい新生児は毎日しゃっくりが出てしまうこともあります。
では次に、新生児がしゃっくりをしてしまったときにしてあげたい楽な姿勢について説明します。

Sponsored Links

毎日出る新生児のしゃっくりはどのような姿勢が楽なの??

新生児,しゃっくり,毎日出る,楽な姿勢,

新生児のしゃっくりは体が跳ねて苦しそうに見えてしまいますが、大人程苦しくはないそうです。
しかし、しゃっくりが毎日でていると気になってしまいますし、しゃっくりで散って眠れずに不機嫌になってしまう子もいます。

そんな時には、このような姿勢が赤ちゃんにとって楽な姿勢をとってあげると落ち着いてしゃっくりが止まりやすいと言われています。

一つは、縦に抱っこして背中をポンポンとやさしく叩いたり、撫でたりすると落ち着いてしゃっくりが止まることがあります。
ミルクや母乳と一緒に飲み込んだ空気が刺激になっている場合もこの方法でげっぷをして空気を出し、その拍子にしゃっくりが止まることがあります。

まだ首がすわっていないときはしっかりと首の後ろを支えるかお母さんの体にもたれかけさせてください。
二つ目は、しゃっくりをしているときにうつぶせの姿勢にすると刺激になってしゃっくりが止まることもあります。

ただ、この姿勢は窒息しないように必ず注意が必要です。
新生児をうつぶせの姿勢にするときは決して目を離さず、苦しがっている、そのまま寝てしまったという時はすぐに仰向けに戻しましょう。

Sponsored Links

毎日出る新生児のしゃっくりに予防方法はあるの??

新生児,しゃっくり,毎日出る,楽な姿勢,

新生児のしゃっくりが毎日出る時にしたい楽な姿勢について紹介しましたが、そもそもしゃっくりを予防する方法はないか気になりますよね。

大人ではしゃっくりが出た時に驚かして止める方法がありますが、これは赤ちゃんには行わないでください。
新生児に行えるしゃっくりを止める方法には下記のようなものがあります。

・げっぷをさせる

ミルクや母乳を飲んだ後にげっぷをさせるとお腹に空気が溜まって横隔膜を刺激することを防げます。

・おむつを細目に替える

濡れたおむつを細目に交換することで、おむつ濡れでの体温変化を予防できます。
新生児はとても頻繁におしっこをするので大変ですが、しゃっくりが気になる場合は試してみましょう。

・空調を調整する

おむつ替えと同様、体温が下がりすぎている時はしゃっくりが出やすいので赤ちゃんの様子をみなから空調を調整しましょう。空調が変えられない時は腹巻や上着など服装で調整しましょう。

新生児のしゃっくりで吐く時の対処法と対策は?放置はあり?

新生児のしゃっくりが毎日出る時の楽な姿勢は?? まとめ

Sponsored Links

新生児のしゃっくりが毎日出る時の楽な姿勢、予防方法などを紹介しましたが参考になりましたでしょうか。
新生児はどうしてもしゃっくりが出やすいので、しゃっくりが毎日でていても元気そうな様子なら心配はいらないでしょう。

しゃっくりをしていてよだれが多量に出ている、ぐったりしている、2日以上しゃっくりが続いているなどの症状がある場合は一度小児科に相談・受診しましょう。

新生児のしゃっくりは成長すると自然と少なくなっていきますので、赤ちゃんと一緒に楽な姿勢をとりながらリラックスして見守っていきましょう。


育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆