新生児が便秘になる原因が気になるママ達も多いですよね。
実際に結構な数のママ達が新生児の便秘が原因で小児科を受診される事が珍しくないようです。

そもそも新生児の便秘の原因は混合授乳やミルクによるものと考えられています。

はたまた、病気が原因かもしれません。

この記事では、新生児の便秘の原因は混合授乳によるもんか、ミルクによるものか、それとも何か病気なのかについて検証してみます。

Sponsored Links

  新生児の便秘の原因で考えられる病気は?

新生児の便秘の原因は先天的なものもあり、病気とは限りませんが親としては病気だとしたら心配ですよね。

勿論、新生児の便秘の原因として病気も考えられますから早めの検査をオススメします。

肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)やヒルシュスプリング病(先天性巨大結腸症)なども、新生児が便秘になる原因の病気でもありますので、専門医に診てもらう事が一番の策になります。

何か心配だったら自分だけで考えず、頼れるものは頼って、しかし決めるのは自分という意思を持つ事が大切だと思います。

しかし、新生児の便秘の原因として混合授乳やミルクも挙げられていますがどうなのでしょうか。
新生児の便秘の原因の一つとして混合授乳について書いていきましょう。

Sponsored Links

  新生児の便秘の原因は混合授乳?

母乳中心の新生児は便秘になりにくいと言われています。

それは、母乳に多く含まれるオリゴ糖によるものだと言われていますがミルクを飲む新生児は便秘になりやすいと言われています。

というのは、ミルクの浸透圧に関係があるという事で、新生児の便秘の原因となってしまうようです。

ミルクが新生児の便秘のい原因になってしまう事が考えられている事から、混合授乳によって便秘が起きてしまうのかもしれません。

では、新生児の便秘の原因とならない為には、どのようなミルクを飲めば良いのでしょうか。

新生児,便秘,原因,混合,病気,ミルク,

  新生児の便秘の原因はミルクによるもの?

新生児の便秘の原因となるミルクは、浸透圧が低いミルクです。
浸透圧の高いミルクだと、新生児の腸内は浸透圧が低いので、水分を外に押し出そうとする事から下痢を起こしやすくなります。

逆に浸透圧の低いミルクだと、新生児の身体が便から水分を吸収してしまうので、便秘の原因となってしまいます。

市販されているミルクは、基準調整濃度で作られているので陰性時の腸内の浸透圧に合っています。

新生児が便秘になってしまった場合は、ミルクも原因だという可能性がある事を認識するべきですね。

新生児の鼻づまりが苦しそうな時…鼻水なし・鼻の奥に鼻くそがある場合

  新生児の便秘の原因は病気?混合授乳とミルクも検証!まとめ

Sponsored Links

新生児の便秘の可能性は、混合授乳やミルクだけでなく、様々な病気やケースが考えられるので専門医の受診をオススメします。

やはり大切な赤ちゃんですから、個人的な判断で済ませないようにしたいですね。