2歳児,食事,食べない,量,目安,時間が掛かる,食事時間, 

2歳児になると急に食事を食べなかったり、時間がかかったりしてしまう子どもが多くなります。
2歳児は目安の量がわからなかったり、食事時間の長さが気になり、食事の時間になるとストレスに感じていませんか?

今回は、2歳児の食事を食べない時の対処法や時間がかかるときの量と目安、適正な食事時間について知り、楽しく正しい食事習慣につなげていただけたらと思います。

Sponsored Links

2歳児はなぜ食事を食べない?

2歳児,食事,食べない,量,目安,時間が掛かる,食事時間, 

イヤイヤ期の2歳児の食事は、自我が芽生えて好き嫌いがハッキリしたり、目の前の食材に興味を持ちすぎて遊んでしまったり、逆に飽きてしまったりして、大人の思うように進みません。

2歳児は「食べたいときに好きなものが食べられない」ことがあると、気持ちの折り合いをつけられず、食事を嫌がって食べないこともあります。

栄養バランスも大切ですが、まず食事を楽しくして興味を高めてあげましょう。
以下を参考に、できることから試してみてください。

・たまには外で食べる
・子どもの好きなキャラクターや色の食器で食事を出す
・カラフルでかわいく盛り付ける
・麺類など食べやすいものにする
・味付けのテイストを変えてみる
・手づかみメニューで自由に食べさせてみる
・量を減らし、間食を軽食に置き換える
・外遊びなどで体を思いっきり動かす

そして、意外と多いのが『甘え』で食べない事です。
スプーンやフォークを使って自分で食べられるから抵抗を感じるかもしれませんが、「ママのお膝で食べる?」と誘ってあげると、すんなり食べたりしますよ。

Sponsored Links

2歳児の食事量の目安は?

2歳児,食事,食べない,量,目安,時間が掛かる,食事時間, 

・2歳児に必要な栄養バランスと食事量

厚生労働省が発行している「食事摂取基準」という食事量の基準でみると、1~2歳児に推奨されている食事量は、男の子は1000キロカロリー、女の子は900キロカロリーというのが目安とされています。

目安としては、大体ママの食事量の半分に相当します。

でもイヤイヤ期の2歳児は様々な理由で食べないことが多いですよね。
なので、2~3日のトータルできちんと食べられていたらOK!と見守ってあげてください。

ただし、身体がどんどん成長する時期でもありますので、たんぱく質やカルシウムはママの半分より少し多めになるように調整してあげるといいでしょう。

・実際の2歳児の食事量はどんな感じ?

一例として、我が家の2歳児のある日の献立を挙げますと…

(朝) おにぎり(海苔をまくとよく食べた!)・スクランブルエッグ・ほうれん草と玉ねぎのポタージュ・ヨーグルト
(昼) 焼うどん・薄あげと大根のお味噌汁
(おやつ)バナナ・スティックチーズ
(夜) シーフードグラタン・かぼちゃサラダ・ごはん・コーンスープ

こんな感じでした。
牛乳が嫌いでなかなか飲まないので、乳製品を飽きないように与えることが多かったです。

もし思うように量を食べられなくても、身長体重が『乳児身体発育曲線』を参考に、その子なりに増えていれば心配いりませんよ。

食事に時間がかかる!時間の目安は?

2歳児,食事,食べない,量,目安,時間が掛かる,食事時間, 

2歳児は飽きっぽいので、集中していられる30分以内が適正時間といえるでしょう。
30分で食べきれるように少なめに用意したり、もし食べきれなくても30分経ったら怒らずに切り上げるようにします。

十分に遊んでいれば自然とお腹が空いて、食べられるようになります。
『30分』といっても2歳児には伝わらないので、時計を見せながら「長い針がここまできたら終わりね」と、先に伝えてあげてくださいね。

2歳児が寝ない理由は??原因と対策は?!

2歳になると自分で食べられるようになるので、嫌いなものを食べなくなります。
味や見た目を変えて、まんべんなく飽きずに食べられる工夫も大切です。

食事時間の30分で食べきれたら、たくさん褒めてあげましょう!
子どもの自信につながって、食事を楽しみにしてくれるようになります。

2歳児が食事を食べない?時間がかかる時の量と目安・食事時間の適正は?まとめ

Sponsored Links

3人育児中で食事の個性もバラバラの我が家の経験からすると、「2歳児が1食食べないくらい大丈夫!」です。
ただでさえ小柄なのに小食で、しかも心配になるくらい運動量はあるから太らなくて、本当に食事の時間がストレスでした。

しかし、時間がかかって怒ったり、量が少ないから無理強いしたり、食べて欲しい量を完食するまで時間を切らなかったりすると、『食事=嫌な時間』になってしまうので、あの手この手でひたすら成長を待ちました。

2歳頃に、基本的な食事習慣は身につくといいます。食事量や食事時間の目安も大切ですが、しっかり空腹にさせてしっかり食べるという基本を、子どもなりに理解していく大切な時期ですね。

イヤイヤ期の2歳児の食事時間は本当に大変ですが、いつまでも食べないわけではありません!量を変えたり時間を変えたり場所を変えて、肩の力を抜きながら乗り切ってほしいと思います。



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆