トイレトレーニング,やり方,3歳,2歳,嫌がる,

子供が嫌がるトイレトレーニング。2歳は早い??3歳は遅い??
ついつい周りを気にして焦ってしまいますよね。
2歳児と3歳児でやり方も違うって本当!?嫌がる時の秘策は!?パパママも疑問だらけです。
この記事では、トイレトレーニングでのやり方と対応を書いていきます。

Sponsored Links

2歳児のトイレトレーニング。嫌がる我が子へのやり方と対応とは??

トイレトレーニング,やり方,3歳,2歳,嫌がる,

2歳になり、3歳までにはオムツをはずそう!とトイレトレーニングを始める親子は多いですよね。
しかし、間違ったトイレトレーニングのやり方をすると子供は嫌がるケースがあります。
生まれてからずっとオムツで過ごしてきたのにすぐにはオムツ卒業!とはいきません。

相手は2歳児や3歳児なのです。
なるべく子供に嫌がられないようなやり方でトイレトレーニングを実施したいですよね。
まずは日中のオムツがはずれたらいいね。と気長に見守ってあげましょう。

Sponsored Links

2歳児、トイレトレーニングを嫌がらないように導くやり方

2歳児のトイレトレーニングのやり方、進め方としては、まずトイレトレーニングを開始する前に「おしっこやうんちはトイレでする」という内容の絵本やテレビを見せて子供にインプットさせてあげましょう。

2歳児、3歳児でしたらすぐにインプットされます。

そしてパパママもトイレに行くときには子供に「おしっこしたいからトイレ行くね」と一言でいいので自然な形で伝えてあげます。

しかし、何度も伝えてしまうと嫌がるきっかけになってしまうので要注意です。
まずは「トイレに興味を持つこと」が大切なのです。

2歳児のトイレトレーニング、嫌がるようになってしまったら??

2歳や3歳の子供はイヤイヤ期まっさかり!!
何をするにも嫌がるので、パパママはあの手この手を使ってチャレンジします。

しかし子供はトイレに行くのもおまるに座るのもイヤイヤ!!
どうして出ないのに座るの?パパママじっと見てるし…もう嫌だ!!

そんな感情が小さな子供にはあるのかもしれませんね。
嫌がる我が子を見ているとパパママも疲れてきたり、イライラしたり、やり方が悪かったのか、などと考えてしまいますよね。

そこで、一度子供の気持ちになって考えてみましょう。
子供の立場になり考えると「イヤ!」と言ってしまう気持ち、分からなくもないですよね。
2歳児、3歳児にとっては「トイレトレーニング=つまらない時間」なのです。

その「つまらない時間」「嫌なこと」から「楽しい時間」「特別なこと」に変えてあげましょう。
トイレに行くということを遊びの一つとして取り入れてみたら上手くいくかもしれません。
子供も大人も楽しめるようなやり方でトイレトレーニングにするとスムーズに進められるはずです。

3歳児のトイレトレーニング。嫌がる我が子へのやり方と対応!もしかしたら2歳児よりもスムーズ!?

トイレトレーニング,やり方,3歳,2歳,嫌がる,

これまで2歳児のトイレトレーニングについて書いてきましたが、3歳児のトイレトレーニングはどうでしょう?
2歳と3歳では嫌がり方が変わってきます。イヤイヤ期が少し落ち着き始めたのかもしれません。
イヤイヤ期は成長過程に必要なことで、その成長過程を少し終えた3歳児は気持ちの切り替え、感情などが変化しつつあります。

3歳児、嫌がるトイレトレーニングのワケ!!

成長した3歳児でもトイレトレーニングを嫌がる子は沢山います。
例えば、トイレに行くことを嫌がる子やパンツを履くことを嫌がる子。とさまざまです。
そこには3歳児ならではのトイレトレーニングをしたくない理由がきちんとあるのです。

パンツを汚したくない…。出るタイミングがまだ掴めずにいるから…。
など色んな思いがあるのに、その思いを細かく言葉として伝えるというやり方が出来ないからです。
生まれてたった3年なので当たり前ですよね。

だからこそ「イヤ!」の一言になってしまうのです。
「イヤ!」には深い意味があることをパパママは理解して接してあげましょう。

2歳児熱が38度あっても元気!!病院行くのに外出OK??

3歳児、嫌がるトイレトレーニングへの対応

パパママが周りを気にするのと同じで、3歳の子供でも友達の行動が気になってきます。
友達のしている遊びを同じやり方で真似をしたり、何かを嫌がる子を見たら自分も嫌がってみたり、友達の真似っこを好んでする時期でもあります。

そこをポイントにして3歳児のトイレトレーニングに励みましょう。
例えば○○ちゃん、可愛いお姉ちゃんパンツ履いてたよ~。○○くん、トイレに座っておしっこ出るの待てたからご褒美もらったんだって~。などと自分もやってみようかな?ご褒美もらえるならやってみようかな?と思わせるやり方が大切です。

たとえおしっこをしなくてもトイレに行くことが出来たなら、必要以上に褒めて次に繋げましょう。
トイレトレーニングは「少しずつ」が大切なのです。

2歳児が食事を食べない?時間がかかる時の量と目安・食事時間の適正は?

トイレトレーニングのやり方 2歳~3歳 嫌がる時の対処法は?まとめ

Sponsored Links

ここまで2歳児、3歳児のトイレトレーニングのやり方、嫌がるときの対処法について書かせていただきました。
トイレトレーニングは赤ちゃんの卒業!といってもいいほどに大イベントですよね。

スムーズに進めたいがために焦ってしまうことも。トイレトレーニングは焦ってしまうと良いことはないです。2歳、3歳の子供でもパパママの焦りが伝わってしまいます。

必ずオムツははずれるのです。なので大きく構えてゆっくり進めていくやり方がベストです。
「オムツしていた頃が懐かしいね」と思い出話をするときには、嫌がる我が子に悩んでいた事を思い出すより、一緒に楽しんでトイレトレーニング出来てたな。と思い出す方がいいですよね。

子供も大人も笑顔が一番です。
トイレトレーニングのやり方に、行き詰ったり悩んだりした時は「子供の気持ちになってみる」のも答えの近道なのかもしれませんね。



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆