2歳児,食事,偏食,味付け,

2歳になった頃から、突然食事をしてくれなくなった。食べてくれても偏食。
味付けもして今まで偏食もなく食事をしてくれていたのに…。
と悩んでいるパパママは多いと思います。

2歳児の食事が偏食になるのはどんな原因があるのでしょうか?
食事の味付けにコツがあるのでしょうか?
そんな2歳児の食事の偏食について書いていきたいと思います。

Sponsored Links

2歳児の食事が偏食になるワケ。食事の味付けが悪いの??

2歳児,食事,偏食,味付け,

2歳児の食事が偏食になるのはイヤイヤ期だからなの?本当に2歳児だけなの?食事の味付けが悪いの?と疑問が多いですよね。
2歳児の食事が偏食になるのは「色んな理由が重なり合った時期だから」と大きく考えてみましょう。

「イヤイヤ期。気に入っていた味付けに飽きた。初めての食べ物に警戒する。お腹が空いていない。」
など色んな理由があるのです。決してイヤイヤ期だけのせいでもなく、食事の味付けだけのせいでもないのです。

Sponsored Links

2歳児、偏食にならないための食事方法と味付け。

2歳児,食事,偏食,味付け,

2歳児の食事が偏食になる理由が分かりましたね。では次のステップです。
理由をもとに対策を考えましょう。

2歳児にとっては「食事の時間=縛られる時間」、遊ぶ時間以外はそう思ってしまうのではないでしょうか?
まずは食事の時間を少しでも喜んでくれるように食器をキャラクター物にする。ごはんを動物の形にしてみる。

偏食の子供には他のおかずと一緒に苦手な物を入れてみる。少しだけ甘い味付けにしてみる。
メニューや味付けは飽きが来ないように色んなレシピを試してみましょう。

ここはママの頑張りどころです!たとえ上手くいかなくても大丈夫です。
2歳児の子供は偏食が多いので食べてくれたらラッキー!と思える余裕をママは持ち続けてください。

そして食事の時に絶対にしてはいけないことは「怒る」ことです。
食べてくれない我が子にイライラしてしまいますが、怒ってしまうと偏食がひどくなります。

大人でも食事のことで怒られるのは嫌ですよね。
なので食べてくれないのも今だけ。ということを忘れないでください。

2歳児の夜泣きがひどい時の対象法は?抱っこが毎日必要な場合…

2歳児の偏食を回避するには、食事の味付けだけではない!?

2歳児,食事,偏食,味付け,

ここからは食事や味付けだけではなく、パパママの言動で偏食にならないための対策を考えましょう。
2歳児のイヤイヤ期といっても、大人と同じでお腹が減ったら食べたくなるのです。

まずはお腹が減るように沢山遊んであげましょう。
ごく普通の事ですが2歳児にとっては大切な事なのです。
おままごと遊びでも良い刺激になるかもしれません。

食事時間で偏食を回避するためには、家族揃って食事をする。
「美味しいね、○○ちゃんの美味しそう!」など食事に関した会話をしてみる。

お皿に盛る量を少なめにして、完食できたら「トマトさんがありがとうって言ってるよ~」など食べてくれた食材の気持ちを子供に伝えてあげる。

食べた時には必要以上に子供を褒めてあげる。
食事の味付けも大事ですが、家族のサポートも必要なのです。

2歳児が食事を食べない?時間がかかる時の量と目安・食事時間の適正は?

2歳児の食事が偏食になる時の原因と対策!味付けのコツは?まとめ

Sponsored Links

ここまで2歳児の食事が偏食になる時の原因と対策、味付けのコツについて書かせていただきました。
「イヤイヤ期での悩み」「食事の偏食での悩み」でパパママはお疲れモードになりますよね。

食べてくれないと栄養も心配。食べない理由が分からない。どうしたらいいのだろう?
毎日、疑問や心配でいっぱいですよね。

しかしこんなに悩むのも今だけなのです。
子供はどんどん成長していきます。
2歳の時は偏食で味付けに悩んだけど、いい経験だったんだな。と思い返す日が必ずきます。

焦る必要もありません、神経質になる必要もありません、まだ2歳なのですから。
今しかない悩みなので、とことん我が子に付き合ってあげてください。



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆