夜泣きをするのは一般的に生後5ヶ月頃〜1歳半程度までとされていますが、個人差はあり、両親はストレスを感じることもあるでしょう。

また、とても激しい泣き方をしたり、足や手に痛みまで訴える場合はとても心配。

実は、夜泣きの中には「夜驚症」というものや、その他の症状もあるのです。今回はその原因や対策等についてお話ししていきます。

Sponsored Links

2歳児の夜泣きと夜驚症の違いは?夜泣きの原因と対策は?

2歳児の夜泣きの原因としてはいくつか考えられています。

ご自分のお子様に当てはまるところがないか、確認してみましょう。

☑怖い夢をみた

夜泣きが激しい子は、記憶力が良く、感受性が豊かな子が多いと言われています。

その為日中にきつく叱られた場合、夜にその記憶がよみがえり、泣いてしまう場合もあるといわれています。

☑生活リズムが乱れている

睡眠サイクルが乱れている場合、昼夜の区別がつかなくなり、夜中に辺りがまっ暗なことに驚き、泣いてしまうという場合も。

☑甘えることを我慢していた

2歳児は自身でできることが増えてきた頃。

また、年子のママであれば、下の子のお世話や家事に忙しく、構ってあげる機会が徐々に減ることも。

子供は甘えることを我慢しなければならない状況となると、夜に我慢していた感情が溢れてしまうことも。

2歳児の食事で座らない時のしつけ方法!イライラしないコツは?

夜泣きの原因は上記の点が考えられ、対策としては生活リズムを整えてあげることや、「叱った後は抱きしめてあげる」など子供への接し方を見直してみることで改善することも。

子供が「愛されている」と思える環境を作ってあげるのが大事ということですね!

2歳児,夜泣き,夜驚症,足が痛い, 

2歳児の夜泣きと夜驚症の違いは?そもそも夜驚症って何?

「夜驚症」・・・聞き慣れない単語ですよね。この夜驚症が起こるのは幼児期(特に男の子)で、睡眠障害の一種です。

医学的には「睡眠時驚愕症」という名称で呼ばれています。

症状としては夜中に突然目を覚まし、30秒〜5分程度泣き叫ぶのが代表的で、それに伴い呼吸が速くなったり、大汗をかいたり、中には嘔吐する子もいるとのこと。

夜驚症は入眠し始めの数時間の眠りが深い時間帯に発生しやすく、そのときは脳の一部分のみが覚醒している状態らしく、症状が起きている最中のコミュニケーションはとれないようです。

この夜驚症、全体の5%程度にみられ、成長するに従って自然と治っていくようです。

この夜驚症、実は原因は明確には解明されておらず、一説には恐怖感や不安感、疲労感の蓄積が関係するともいわれています。

夜驚症の症状が出ている時は、感情(特に恐怖感)を司る大脳辺縁系が覚醒しているため、恐怖感のコントロールが行えなくなることで泣き叫ぶなどの症状が起こるのではないかと言われています。

夜驚症の対策として、基本的に症状が起きているときに行えることはありません。

ただし、恐怖感や不安感が関係しているとされているので、日中に怖いテレビ番組や、子供が不安を感じるようなニュース(虐待や殺人事件など)を極力見せないようにすることで潜在的な恐怖感や不安感をもつことを軽減させることができるかもしれません。

いずれにしても、夜驚症は成長とともに治っていくものとされているので、ご両親は心配しすぎず、症状が見られた際は冷静に見守ってあげるのが良いでしょう。

Sponsored Links

2歳児の夜泣きと夜驚症の違いは?足の痛みで夜泣き?それは成長痛かも!

ここまで、夜泣きと夜驚症それぞれの原因や違いなどについてお話ししてきましたが、お子様によっては「足が痛い」と言って夜泣きをする子も多いようで・・・。

どこかが痛いなどと言われたらとても心配になりますよね。実はその痛み、「成長痛」と呼ばれるものかもしれません。

成長痛とは、2歳〜11歳頃に起きる夜間によくみられる足や腕の痛みのこと。原因はこちらもはっきりとはわかっていないらしいのですが、いくつかの仮説としては、

日中の激しい活動による負担

夜中に痛みを訴える子は活発な子が多いということからいわれています。

成長過程での骨の形の変化によるもの
生まれたとき、多くの子はO脚です。それが成長とともにX脚となり、5〜8歳頃に成人と同様のまっすぐな足の形になります。その過程での痛みなのでは?ともいわれています。

精神的なもの
夜泣きの部分でもお伝えしましたが、日中に甘えられなかったことなどで情緒が不安定になり、痛みとして現れたり、甘えられる理由として痛みを訴えることもあるようです。

毎回痛む部位が変わっていたり、部位が曖昧であったりすると、精神的な部分が原因の可能性が高いです。

原因がはっきりとはわかっていない「成長痛」。

2歳児の睡眠の特徴は?癇癪の原因と看護のコツ…言葉の目安は?

対処法としては、まずは痛む部分をさすってみる、冷やしたり、温めてみる。精神的なものであれば、抱きしめてあげることで緩和することもあるでしょう。
このときに、
☑痛む部分に熱感がある
☑明らかに腫れている
☑皮膚の色が変わっている
☑何日も同じ場所を痛がる
☑手や足をかばう、引きずっている

・・・など、こういった症状があれば、別の原因(骨折や打撲、小児がんなど)が考えられますので要注意です。

2歳児,夜泣き,夜驚症,足が痛い, 

2歳児の夜泣きと夜驚症の違いは?足が痛い時に考えられる事… まとめ

今回は夜驚症と夜泣きの違いについてお伝えしました。

この2つの大きな違いとしては、夜驚症は睡眠が深い状態の時に起こる一種の睡眠障害。

夜泣きは睡眠が浅い時に起こるもので、精神的な部分が原因となることが多いようです。

ご自分のお子様がどういった理由・原因で泣いているのかがわかれば、ご両親のストレスも軽くなると思います。

夜泣きであれば、お子様との日頃の関わり方を見つめ直す良い機会になりますね。