3歳児になると運動機能の発達と共に活発になり、遊びなどの行動範囲も広がり、言葉の面での成長もみられる特徴が出てきます。

これまでは家庭の中で遊んでいた子も、3歳児になると徐々に公園や保育園などの外の世界と触れ合わせたいですね。

そこで今回は3歳児の特徴として言葉の発達や、発達に合わせた遊び、実際に保育園ではどういった方法で教えていくのかについてお伝えします。

Sponsored Links

3歳児の特徴。精神面ではどうなっていく?

3歳児は、身体的な発育が緩やかになる一方、精神面が急激に成長していきます。

「自分」という意識が強くなり、自分で何でもしたがるようになります。

その他、泣いたり、怒ったり、わがままを言ったりと、ママを困らせることが増えますが、これは情緒が複雑に発達してきた証拠。

この時期は、自立と甘えの間で揺れているので、急にべったりと甘えてくることもあるので、ママは振り回されていると感じることがあるかもしれませんが、お子様の3歳の特徴だと受け止めて、程よい距離で見守ることを心がけましょう。

3歳児,特徴,遊び,言葉,保育,

3歳児の特徴。言葉の発達は?

3歳児検診では、言葉の発達の項目で「名前や年齢を答えることができる」という質問があります。

その他、日常生活では挨拶ができたり、物を触ってそれがどんなものかを表現することができるようになります。

また、3歳になるとこれまでよりも様々な物に関心をもつようになるので、色んなことに対して

「なんで?」「どうして?」

が増えてくるようになります。

ママが忙しいと「後でね」「わからない」とごまかしてしまいがちですが、たくさんのコミュニケーションをとることは言葉の発達にとても大切なので、できるかぎりきちんと向き合い、時には「なんでだと思う?」と逆に質問をして、語彙力をつけてあげましょう。

Sponsored Links

3歳児の特徴。どんな感じで遊ぶの?

さきほどお話したように、3歳になると言葉や情緒の面で著しく発達するため、遊びの面でも成長がみられます。

具体的には、

□ 3歳児の特徴:お友達のまねをする
1〜2歳代ではママの言葉などを真似をしていましたが、3歳児位になるとママ以外の世界にも興味が広がり、愛着を感じるお友達のまねもするようになります。

□ 3歳児の特徴:順番が守れるようになってくる
3歳児位になると言葉の理解も発達しているので、大人が「順番こね」と言うと、待てるようになってきます。

□ 3歳児の特徴:相手の気持ちを少し考えてあげられるようになる
3歳児位になるとママがお友達の気持ちを代弁してあげていると、お友達の気持ちも少しずつ感じることができるようになってきます。

・・・このように、3歳になると周囲のお友達に関心を示すようになり、言葉でのコミュニケーションもとりやすくなってきます。

この頃には言葉の理解も進むので、一緒に遊ぶときのルールや、行動の良い・悪いを教える良い機会になりますので、お友達がたくさんいる空間に積極的に連れて行くようにすると、発達を促す良い機会になりますね。

3歳児,特徴,遊び,言葉,保育,

3歳児の特徴。保育園で言葉や情緒面を発達させる方法は?

3歳になると周囲の環境にも興味が湧いてくるので、保育園などでたくさんのお友達と過ごすことはとても良い刺激になります。

保育園では、保育士達はたくさんの子供達とともに五感を使って遊び、

「面白かった!」「またやりたい!」

と思えるような生活の援助を行います。

たとえば、保育園での生活の中で、雑巾がけやお花の水やりなどを行い、お友達や大人達の真似をする機会をたくさん作ります。

その中でお友達と一緒に協力する姿勢が作られ、コミュニケーションも発達していくのです。

また、絵本の読み聞かせを行ったり、歌を歌ったりすることで、語彙力を向上させ、お話の機会を促していくのです。

その他にも、「ごっこ遊び」を行うことで自分や相手の「役割」を理解し、言葉でのコミュニケーションをとり、相手の気持ちを理解する機会をつくっていきます。

3歳児,特徴,遊び,言葉,保育,

3歳児の特徴で言葉遊びはどんな感じ?保育園で教える方法は?まとめ

今回は3歳児の言葉や情緒面の発達、それに伴った遊びの変化や保育園での遊びの促し方の具体例などをお伝えしました。

成長著しい3歳児は家庭の中だけでなく、保育園や公園などでたくさんのお友達と関わりをもつことが成長を促すことに繋がります。

とはいえ3歳児はまだまだ自分中心でものを考えてしまいがちなので、お友達と喧嘩をすることもしばしばありますので、ママはお子様の気持ちを汲み取りながらフォローしてあげるというスタンスで関わっていくと良いでしょう。

Sponsored Links