妊娠初期から下腹部痛のある方は、「何か問題があるのでは?」「いつまで続くの?」と不安に感じていたり、妊娠してから便秘がちになり、お腹が張っているという方もいらっしゃるのでは?

また、妊娠しているかまだ不明確だけれど、生理の時とは違った痛みがあるという方もいるはず。

そこで今回は妊娠初期の下腹部痛と生理痛、便秘の違いや、いつまで続くのか等をお伝えします。

Sponsored Links

妊娠初期の下腹部痛はいつまで続く?生理痛や便秘との違いは?

妊娠初期に下腹部痛を感じたという先輩ママは多く、感じ方としては、

「下腹部にチクチクと刺すような痛み」

「下腹部の鈍痛」

など一定ではなく、継続期間も「一日だけ」「複数日」、「妊娠中期まで続いた」など個人差が大きく、一概には言えません。

そして妊娠初期の下腹部痛と、生理痛の痛みの仕組みは異なります。

妊娠初期の下腹部痛は子宮が膨張する過程での痛みであり、子宮の左右に付着している子宮を支える役割のある円靭帯という組織が引っ張られることが由来していると考えられており、その場合は下腹部や足の付け根の突っ張り感として表現するママもいらっしゃいます。

一方で生理痛は子宮の収縮による痛みですので、内側にぎゅーっと縮まるような痛みを感じます。

加えて、妊娠初期から出産まで通して女性ホルモンのバランスの変化によって、胃腸の動きが弱くなり、便秘を引き起こしやすくなります。

そのため、腸が膨張することでの圧迫感を痛みとして感じることもあり、妊娠中は更に適度な運動や食生活に気を配る必要があります。

このように、妊娠初期の下腹部痛と、生理痛や便秘は痛みの原因が異なるのですが、中には「生理痛かと思った」と通常の生理痛とあまり変わらなかったという方もおり、妊娠がまだ確定していない段階の方では、下腹部痛だけで妊娠初期症状と断定するのはなかなか難しいでしょう。

そういった方は、生理予定日の1週間後から使用できる妊娠検査薬で判定することが最も確実ですので、使用してみてくださいね。

そして、妊娠が確定している妊婦さんでの妊娠初期の下腹部痛には注意が必要な痛みもあります。

次はそういった痛みについてお話しします。

妊娠初期,下腹部痛,なくなる,いつまで,続く,生理痛,便秘,

妊娠初期の下腹部痛はいつまで続く?注意が必要な腹痛は?

ここまで、妊娠初期症状としての腹痛についてお話ししましたが、痛みの中には注意が必要なものもあります。

☑我慢できないほどの強い痛み
☑多量の出血がある

妊娠検査薬で陽性であり、且つ上記の2点がある場合、流産や子宮外妊娠の可能性が考えられますので、早めに産婦人科を受診する必要があります。

□注意が必要な腹痛・出血:流産
鮮血が多量にあり、下腹部に強い痛みが出るのが特徴です。

また、妊娠超初期での流産の原因は胎児側にあることが殆どですので、もし流産であったとしても、ママのせいではありませんので、自分を責めないようにしてくださいね。

□注意が必要な腹痛・出血:子宮外妊娠
受精卵が子宮でなく卵管に着床してしまうケース。

胎児が成長するほど痛みは強くなり、最終的に卵管破裂に繋がりますので、早急に受診する必要があります。

Sponsored Links

妊娠初期の下腹部痛!急になくなる場合は大丈夫?

ここまで、妊娠初期の下腹部痛の原因や、いつまで続くのかといった点についてお話しましたが、これらは個人差が大きいもの。

そして中には、「下腹部痛がぱったりなくなった!もしかして流産?」と不安になっている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、妊娠初期の症状(下腹部痛の他には悪阻や胸の張り、熱っぽさ等)には波がありますので、下腹部痛が急になくなるという場合もあります。

過度に心配する必要はないでしょう。

胎動がない妊娠初期に、定期検診時以外で妊娠が継続しているかどうかを判断するには基礎体温をつけることが良いでしょう。

妊娠初期に急に妊娠初期症状が消え、基礎体温の低温化が起こった場合は流産の可能性も考えられます。

妊娠初期,下腹部痛,なくなる,いつまで,続く,生理痛,便秘,

妊娠初期の下腹部痛はいつまで続く?生理痛や便秘との違い他まとめ

今回は、妊娠初期の下腹部痛と生理痛や便秘の違いについてお伝えしました。

それぞれ痛むメカニズムは異なるのですが、こちらは個人差が大きいことが多く、実際には私はこういった下腹部痛はほとんど無く、妊娠初期は吐き気や乳房の張りや眠気、便秘の方に悩まされました。

ですので、上記でお伝えした注意が必要な痛みがない場合は、痛みの有無で過度に心配する必要はありません。

かといって妊娠初期はまだまだ不安定な時期ですので、無理はしないように、上手に体と付き合っていき、楽しい妊娠生活を送れると良いですね!

Sponsored Links