妊娠初期に少量のピンクや赤い出血・・・胎動もないこの時期は「赤ちゃんは大丈夫かしら」ととても不安になるはず。

しかし、妊娠初期の少量の出血はわりと多くの妊婦さんが経験しています。

ただし、ピンクや赤い出血が多量な場合や、強い腹痛を伴う場合は要注意。

今回は、妊娠初期に少量のピンクや赤い出血が出る原因や、腹痛の有無での対処法などをお伝えします。

Sponsored Links

妊娠初期の少量のピンクや赤の出血!腹痛なしの場合の原因や対処法は?

妊娠初期は吐き気や倦怠感、熱っぽさ・・・などのいわゆる「妊娠初期症状」がみられることがありますが、その中でも腹痛なしだけれども少量の出血を経験したという方もいらっしゃいます。

例えば、妊娠が分かる前に生理と勘違いしたという方もいる通称「着床出血」

着床というのは受精卵が子宮の壁に潜り込む過程でみられる出血を指し、その量や色調は個人差が大きく、ピンクっぽい色でおりものと混ざって少量出てきたという方や、赤黒い少量の出血があったという方もいます。

この出血は一日で止まったという声から、2〜3日続いたという方もいることから、生理と勘違いすることになったのでしょう。

ちなみに、着床出血は妊娠した方全員にみられるものではなく、実際の正確な確率はわかっていません。

その他のピンクや赤っぽい出血がみられ、腹痛なしの場合の原因としては、子宮が大きくなる過程や胎盤が作られていく過程での、毛細血管の微細な損傷による出血や、検診時の経膣エコー時に組織が損傷を受けたことによるものが考えられます。

いずれにしても、少量の出血で強い腹痛なしの場合であれば特に心配する必要はないでしょう。

では、少量の出血があり、腹痛も伴う場合はどういった原因が考えられるのでしょうか?

次はその点についてお伝えします。

妊娠初期,出血,少量,ピンク,原因,腹痛なし,赤,

妊娠初期のピンクや赤の出血!腹痛がある場合の原因や対処法は?

先ほど、妊娠初期時のピンクや赤い出血が少量ある場合の原因などについてお伝えしました。

妊娠初期に微量な出血は特に珍しくないものですが、強い腹痛も伴う場合は注意が必要な出血である場合がありますのでお伝えします。

【注意が必要な妊娠初期の出血】子宮外妊娠

こちらは妊娠検査薬のみで妊娠が発覚している場合に考えられる原因です。

子宮外妊娠で最も多いのが卵管で、妊娠超初期は特に症状はありませんが、発育が進むと卵管が破裂してしまうこともあり、早急な治療を要します。

ピンクや鮮血がみられ、強い腹痛を伴う場合は早急に受診しましょう。

現在はエコー検査で症状が現れる前に子宮外妊娠かどうかわかり、早期に投薬や手術での治療が行えますので、妊娠検査薬で陽性だった場合は早めに受診して子宮内に胎嚢があるかどうかを確認してもらうのが良いでしょう。

【注意が必要な妊娠初期の出血】流産や切迫流産

大量(生理2日目以上程度)のピンクや赤い出血がみられ、強い腹痛を伴う場合、こちらも考えられます。

そもそも妊娠初期は流産の確率が高く、全体の約15%に起こるとされています。

特に妊娠12週頃までに全ての流産の約80%が起こるとされ、この時期の流産は胎児の染色体異常や奇形によるものが原因なので、避けられるものではなく、治療法もありません。

ですから、その時期に妊婦さんが激しい運動をしたから、重いものを持ったから、お腹をぶつけたから・・・といった理由でご自分を責めないようにしましょう。

そして切迫流産というのは胎児が子宮内に残っている状態で、流産の一歩手前である状態です。

妊娠12週までの切迫流産の方も、有効な薬剤はないと考えられており経過観察で対処することになります。

そのため、基本的に医師からは安静にすることを指示されるでしょう。

安静度に関しては、「ある程度動いてもOK」という程度から、「家事のみ」「トイレと食事以外は動かないように」という場合まで様々であり、各々の状態によって異なりますので、医師に詳細な指示を仰ぐ必要があります。

働いている妊婦さんであれば、その際の仕事は医師に診断書を作成してもらい、休職という形をとることになるでしょう。

Sponsored Links

妊娠初期の少量の出血がピンクや赤の時の原因は?腹痛なしの場合…まとめ

いかがでしたか?ご自身の出血の状態は心配なさそうなものだったでしょうか?

初めての妊娠であれば、尚更出血などには敏感になるでしょう。

妊娠初期は出血も起こりやすい時期。

出血がピンクや赤の場合、出血の量は少量か、多量かという点や、腹痛なしかありかなども合わせて対処していただけると良いと思います。

今回の内容が少しでもお役に立てば幸いです。

しかし、気になる点があれば主治医へ報告、相談することは忘れずに!

安全で充実した妊娠生活が送れますように。