産後に気になることの一つとして、「生理再開はいつから?」といったことが挙げられると思います。



産後の生理再開前には茶おりや腹痛、下痢などといった前兆はあるのでしょうか?



また、生理とは異なった子宮痛もあるらしく・・・。



今回は産後の生理再開時の茶おりや腹痛、下痢等の前兆についてや、子宮痛の原因などについてお伝えします。

Sponsored Links

産後に生理が再開!前兆で茶おりや腹痛はある?下痢は?

産後に生理が再開する時期は人によって様々ですが、平均は産後8ヶ月頃と言われています。

しかしその時期は授乳中か否かや、体質によっても異なり、早い方は産後1〜2ヶ月で再開した!という方も。

生理再開の時期は人によってバラバラとなると、前兆があった方が準備がしやすいですよね。

しかし実際には産後の生理再開前の前兆の有無に関しても人によってバラバラなようなのです。



生理の前の前兆と言えば、月経前症候群(PMS)と呼ばれる「イライラ、食欲増進、腹痛、腰痛、胸の張り、下痢」などがありますが、妊娠前にPMS症状が強かった方は産後の生理再開前も腹痛や下痢などの前兆がみられるかもしれません。

その他には「酸化した血液混じりの茶おりが出た」という方もいらっしゃるようですが、全ての人に前兆がみられるわけでは無いようです。

また、出血があっても、産後はホルモンの分泌が不安定であることから、無排卵であることもあり、その際には茶おりや腹痛、下痢等の症状は出ないことも多いようです。

このように、産後の生理再開の時期は前兆がないことも多いので、もし「当分次の子は妊娠したくないな」という方は、産後すぐから避妊を確実に行っておくのが良いでしょう。



また、産後1ヶ月まで出血や腹痛がみられた場合、子宮の収縮による「後陣痛」であったり、悪露の可能性も考えられますので、同様の出血や腹痛が次の月もみられた場合に生理であると考える方が良いでしょう。



ここまで、産後に生理が再開する前兆などについてお伝えしました。

次は、産後に子宮痛がある場合、生理以外で考えられる原因についてもお伝えします。

産後うつの症状は2人目の方が要注意??理由と対策は?!

産後,生理再開,前兆,茶おり,腹痛,子宮痛,下痢,

産後に生理が再開!子宮痛って何?どんな感じ?

産後に生理が再開した場合、もちろん妊娠前の生理と同様に子宮痛もみられることもあります。

しかし、その痛みが強い場合や、大量の血液の塊がみられる場合は、以下の状態になっているかもしれません。

☑子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮内膜が子宮以外の部分(多くは卵巣)にできてしまう病気です。



子宮内以外にできた子宮内膜は体外に排出されず体内に溜まり、これが他の臓器と癒着してしまう為に、強い子宮痛や腰痛、性交時痛、骨盤痛などが現れます。

その他にも排尿痛等の泌尿器症状や消化器症状(血便など)などの症状が現れることもあります。

初期は無症状のことが多いですが、進行するにつれて毎月の生理での子宮痛は強くなりますので、産後の生理時にどんどん子宮痛が強くなっている場合は婦人科を受診されることをおすすめします。

Sponsored Links



産後の生理再開 前兆で茶おりや腹痛 下痢は?子宮痛はどんな感じ?まとめ

今回は、産後の生理再開の前兆(茶おりや腹痛、下痢など)や、強い子宮痛があった場合に考えられる生理以外の原因についてもお伝えしました。

実際には授乳しているかどうかということや、体質、またストレスの程度などによっても産後の生理再開の時期は大きく異なるということがお分かりいただけたかと思います。

その際の前兆も人それぞれで、一概に「こんな症状が出る」とも言い切れないのがホルモンの不思議と言えるのかもしれませんね。

しかし、妊娠前の生理よりも大量の出血があるという場合や、子宮痛が重くなったという場合は、生理以外の病気が隠れている場合も考えられますので、その際は我慢せずに婦人科を受診してくださいね!

産後三ヶ月のむくみの解消法!!ホルモンバランスを整える?!

産後,生理再開,前兆,茶おり,腹痛,子宮痛,下痢,