産後、いつ生理再開するのか、気になりますよね。

もし出血などの前兆があるなら知っておきたい!という方もいらっしゃるのでは?



また、産前からPMSの症状が強く、吐き気やイライラがあった方は産後の生理再開が憂鬱ですよね。

今回は産後の生理再開の前兆(出血や吐き気、イライラ)はあるのか、その原因や対処法についてお伝えします。

Sponsored Links

産後の生理再開!前兆に出血や吐き気はあるの?

産後の生理再開は平均8ヶ月程度かかると言われていますが、授乳している方や体質の違いなどで、1年近く再開しない方もいれば、産後2ヶ月で再開した!という方もおり、実は一概には言えないのです。

産後の生理再開に前兆などがあればびっくりしなくて済むのですが・・・実際には産後の生理再開の前兆の有無に関しても人によってバラバラなようなのです。

生理の前兆と言えば、月経前症候群(PMS)と呼ばれる「茶色のおりものなどの軽い出血、イライラ、吐き気、食欲増進、腹痛、腰痛、胸の張り、下痢」などがありますが、妊娠前にPMS症状が強かった方は産後の生理再開前も軽度の出血や吐き気などの前兆がみられるかもしれません。

また、先輩ママの中には、「産前はPMSの症状は無かったのに、産後に吐き気などがでるようになった!」という方も一定数いらっしゃる模様。

なぜ、PMSで吐き気がみられるのでしょうか?

その仕組みと対処法を簡単にお話しします。

PMSで吐き気がみられる原因、それは「プロスタグランジン」という物質が生理前に急激に分泌されることによるもの。

プロスタグランジンは血管の収縮を促す作用を持っており、この物質が子宮を収縮させ、血液を体外へ排出させる手伝いをしているおり、その時に感じるのが生理痛なのです。

しかしこの物質は子宮だけでなく胃腸の動きにも影響を与える為、吐き気や下痢等の症状も一緒に現れてしまいます。

吐き気への対処法としては、「できるだけ体内でプロスタグランジンを作らせないようにする」ことがポイントとなります。

具体的には体を冷やさないこと。

というのも、体が冷えると全身の血行が低下し、子宮の収縮も悪くなります。

そのため、子宮をより収縮させようとプロスタグランジンが過剰に分泌されてしまうので、体を温めることで血行を良くし、プロスタグランジンの分泌を抑制しようということなのです。

その他、PMSの症状として辛いのがイライラしてしまうことですよね。

そこで次はイライラの対処法などをお伝えします。

産後の生理再開 前兆で茶おりや腹痛 下痢は?子宮痛ほどんな感じ?

産後,生理再開,前兆,出血,イライラ,吐き気,

産後の生理再開!これも前兆?イライラする!の対処法は?

産後は慣れない子育て、生活リズムの変化などからイライラしてしまうことが多くなりやすい時期。



それに加えて産後の生理再開によるPMSの症状まで重なるとさらにイライラしてしまうこともあり、そんなときは家族にあたってしまって自己嫌悪を感じることもあるはず。



そこで、イライラにはどのように対処したら良いのかを考えてみましょう。

そもそも、PMSでイライラする原因も、生理前後での女性ホルモンの分泌量の急激な変動によるものと考えられています。

特に産後は、出産によって女性ホルモンの分泌量が大きく低下するなど、バランスが大きく変化するため、「妊娠前よりPMSが酷くなった」と感じる方も多いようです。

実際の対策としては、

【産後の生理再開の前兆?イライラへの対策①】

低GI食品を摂る
プロゲステロンという女性ホルモンは、血糖値を低下させるインスリンの効き目を低下させます。

その為、生理前は普段よりインスリンが多く分泌されるため、低血糖を引き起こしやすく、そうなるとイライラしやすくなります。



そして甘いもの(チョコレートや白米、パンなど)を多く摂取すると、再び急激に高血糖状態となり、インスリンが多量に分泌されてイライラ・・・という悪循環になりやすいので、血糖値の上昇が緩やかになる低GI食品(玄米、全粒粉パン、豆類など)を摂取し、血糖値を安定させることがイライラを抑えるのに一役買うと考えられます。



【産後の生理再開の前兆?イライラへの対策②】

セロトニンを増やす
排卵後、エストロゲンの分泌が減少することにより、セロトニン(別名幸せホルモン)が急激に低下すると言われています。

この幸せホルモンを分泌させるには、ウォーキングなどの一定のリズムの運動を行うことや、日光を浴びるのがおすすめです。

【産後の生理再開の前兆?イライラへの対策③】

女性ホルモンのバランスを整える
大豆や豆乳などに含まれるイソフラボンは、女性ホルモンとにた働きをしてくれるので、積極的に摂取することをおすすめします。

【産後の生理再開の前兆?イライラへの対策④】

ストレスを溜めない
赤ちゃんが寝ている間に自分の趣味を楽しんだり、音楽を聞いてみたり、アロマでリラックスしたり・・・と、自分なりのストレス解消の方法をもっておくと良いですね。

また、産後のママは特に第一子の子育てでは「良いママにならなきゃ!」と一人で奮闘しがち。

周囲に助けを求められているでしょうか?

パパやお母さんなどに赤ちゃんをみてもらって、少しでも外出する機会を作ったり、周りに頼れる人がいない場合は地域の子育て相談窓口などに助けを求めたりするのも一つの手。

利用できる社会資源はできるだけ利用して、ストレスを適宜解消することでママもお子様にも良い環境が作れますよ。

Sponsored Links



産後の生理再開 前兆に出血や吐き気は?イライラの対処法は?まとめ

今回は産後の生理再開時の前兆(出血や吐き気、イライラなど)の有無や仕組み、対策などについてお伝えしました。

産後はただでさえ睡眠不足などでイライラしやすく、体調変化も起きやすい時期。

多くは女性特有の生理周期によるものが原因と考えられていますが、対策をしながら無理せず症状とおつきあいしていきましょうね!

産後,生理再開,前兆,出血,イライラ,吐き気,