妊娠中〜産後は女性ホルモンの変化や、大きく育った赤ちゃんが体外へ出てくる等イベントが次々に起こり、ママの体型にも大きな変化が。

特に、帝王切開を行ったママはお腹の傷やたるみ、皮膚の黒ずみがどうなるのか気になるはず。

そこで今回は産後、帝王切開での傷の治癒過程やお腹のたるみや皮膚の黒ずみの原因と対処法などについてお伝えします。

Sponsored Links

産後 帝王切開でのお腹の状態は?傷はどのくらいで治るの?

帝王切開を行う際は、お腹を10〜12cmほど切開して赤ちゃんを取り上げます。

切開方法には縦切開と横切開があり、縦切開ではおへその辺りから下に向かって切開します。


縦切開は出血が少なく、手術時間が短いのがメリットですが、術後の傷跡は下着には隠れませんから、少し目立ってしまうのが難点。

横切開はお腹の下の方を横に切開するので、傷跡は下着に隠れやすくなります。

また、人間の皮膚は横方向に広がりやすいので、縦切開と比較して傷が治癒しやすく、早く目立たなくなるのがメリットです。

切開方法は出産時の状況や、産院の方針によるところがあるので、気になる方は事前に聞いておくのも良いでしょう。

そして、一般的に帝王切開でできた傷は、3ヶ月前後で赤みが消えて徐々に薄くなり、1年ほど経過するとほとんど目立たないくらいにきれいになります。



しかし、術後のケアや体質によってはケロイド状(赤く盛り上がってしまう状態)になってしまう方も。

ただ、ケロイド状になっても、時間とともにだんだん薄く目立たなくなってきますし、塗り薬とテープの併用で治療をすることも可能ですので、気になる場合は産院や形成外科に相談するのも良いでしょう。

産後の骨盤矯正は効果なしの理由は?整体の金額相場はいくら?

産後,お腹のたるみ,帝王切開,皮,黒ずみ,

産後 帝王切開でのお腹のたるみはどうなる?皮や黒ずみの対処法は?

産後お腹がたるむのは、骨盤の開きと妊娠で伸びた皮膚のたるみが原因です。

妊娠中に出産に向けて広がった骨盤は、産後数ヶ月かけて元の状態に戻っていこうとします。

ところがこのときに適切な骨盤ケアをおこなっていないと、骨盤が広がり、歪んだ状態で固まってしまい、内蔵も下に下がりやすくなり、さらにお腹回りに余分な脂肪がつきやすくなるのです。

しかし、産後すぐは骨盤ベルトで骨盤を固定する程度にとどめ、激しい運動はしないようにしましょう。

目安としては、産後1ヶ月〜2ヶ月後から、主治医の許可が降りてから始めるようにしましょう。

お腹のたるみを解消するために、体調が良くなったら少しずつエクササイズを開始するのも良いでしょう。

忙しい家事育児の合間に行える「ながらエクササイズ」をお教えします。

Sponsored Links

【お腹のたるみ解消!ながらエクササイズ】

授乳しながら腹筋



1、おへそに力を入れる

2、お腹を凹ませて10秒キープ

【お腹のたるみ解消!ながらエクササイズ】

腹式呼吸
1、お腹に空気を溜め込むイメージで息を吸う
2、5秒程度息を止める
3、ゆっくりと息を全て吐ききるようにお腹を凹ませ、その状態を20秒程度キープ

腹式呼吸を行うことで、インナーマッスルを鍛える効果があります。

上記の運動はほんの一例。

その人その人に合ったエクササイズの指導を受けるのであれば、産後の骨盤矯正を行っている整体や、病院に行って施術や指導を受けることも効率的に体型を戻す方法ですよ。

その他、日常生活で気をつけたいこと、行いたいこととしては、

☑体を温める
体が冷え、血行が悪い状態では、傷の治癒も遅れますし、基礎代謝も低下して痩せにくい体になってしまうので、産前も産後も体を温めることはとても大事です!

3つの首と言われる首・手首・足首を温める、根菜類などを摂って体内から温めるのが良いですね!

☑母乳育児を行う
母乳が出やすい方でればおすすめ。

母乳育児をすると、消費カロリーは700kcal近くもアップするといわれています。

消費カロリーが高ければ、痩せやすくなります。

しかし、その際「お腹がすくから」「子供の分も沢山食べなきゃ」と好き放題に食べていると、なかなか痩せませんので、栄養バランスには気をつけましょうね!

また、お腹のたるみの他に、黒ずみが気になっているママもいらっしゃるのでは?

産前〜産後の皮膚の黒ずみは「色素沈着」が原因と言われています。


妊娠中は「プロゲステロン」という女性ホルモンが増えるのですが、これはシミやそばかすの素となるメラニンの生成を増やす働きがあります。



ですから、妊娠中に乳首や脇などの黒ずみが起きやすいのです。

産後も、ホルモンの分泌量が元に戻るのは半年ほどかかると言われているため、お腹の皮膚のたるみとともに黒ずみも気になるのでしょう。

お腹等の黒ずみは産後徐々に解消されていきますが、できるだけ早く改善するには、「肌のターンオーバーを促進する」ことが大切!

そのためには、肌の保湿をしっかり行うことや、ビタミンCで活性酵素の生成を防いで黒ずみをめだたなくし、ビタミンAで新しい皮膚の生成を促進することが黒ずみ改善への近道と言えるでしょう。

Sponsored Links

産後 帝王切開のお腹のたるみはどうなる?皮や黒ずみの対処法は?まとめ

今回は、産後に帝王切開のお腹のたるみの状態や、皮の黒ずみに対する対処法などをお伝えしました。

妊娠中は女性ホルモンの急激な変化が続き、産後は赤ちゃんが体外に出ることで、体内も見た目も大きな変化が連続する時期。

特に帝王切開では傷口の状態にも気をつける必要がありますので、産後は無理をせず、徐々にお腹のたるみや黒ずみに対処していきましょう!

産後の生理再開 前兆に出血や吐き気は?イライラの対処法は?

産後,お腹のたるみ,帝王切開,皮,黒ずみ,

Sponsored Links