産後に気になることと言えば、「お腹のたるみ」。

妊娠中に引き延ばされた皮膚が出産によってたるんでしまうのは仕方の無いことですが、皮膚のたるみはいつ戻るのか・・・。



お腹のたるみには、運動やガードルを装着するなどいくつか方法が。

そこで今回は、産後のお腹のたるみの引き締め方、ガードルの効果やいつ戻るのかについてお伝えします。

Sponsored Links

産後のお腹のたるみの引き締め方はどんな方法があるの?

一般的に、産後ダイエットに最も適しているのは産後6ヶ月までの期間と言われていますが、いつから対策をとるべきか悩みますよね。

出産というイベントは、一説には全治一ヶ月の重症を負っている状態と一緒とも言われています。

その為、基本的には、産後1ヶ月は体をしっかり休めることが大切とされています。

その後、自分の体調と相談しながら徐々に運動を始めて行くと良いでしょう。

帝王切開を行った方は傷口の治癒に時間がかかりますので、もっと慎重に開始していく必要があります。



産後のお腹のたるみの原因は、妊娠中に皮膚が最大まで伸ばされた後、出産で皮膚がたるんだことと、骨盤が開いたことが大きな原因と考えられます。

この産後のお腹のたるみを解消するにはいくつか方法があります。

☆骨盤体操


☆ストレッチポールなどを使用したストレッチ、全身調整エクササイズ



☆ヨガ

☆整体院で骨盤矯正を行ってもらう



☆骨盤ベルト、ガードルを着ける

ざっと挙げただけでもこういった方法があります。

この中で興味が惹かれるものがあれば、詳しい方法は成書でご確認くださいね。

また、ママさんの中には「なかなかやる気が起きない」という方や、「家事や育児に追われてそんな時間は取れない」と思う方もいらっしゃるはず。

そんな方はグッズに頼ってみましょう!

次はお腹のたるみに効くグッズについてお伝えします。

産後の生理再開 前兆で茶おりや腹痛 下痢は?子宮痛ほどんな感じ?

産後,お腹のたるみ,引き締め方,ガードル,いつ戻る,

産後のお腹のたるみ・・・ガードルの効果は?いつ戻る?

先ほどもお話ししたように、産後のお腹のたるみは、単純に皮膚のたるみと、骨盤の開きによるものが原因。

そこで骨盤の開きを矯正するグッズが産後の体型戻しに効果があると言われています。

この産後の骨盤矯正アイテムは、時期ごとに使い分けるのがベター。



□産後2週間〜:産後ニッパー&サポーター
こちらのグッズは、骨盤矯正というよりも、ソフトなサポート力で、緩んだ骨盤を優しくホールドする役割をもっています。

そうすることで、緩んだ骨盤に脂肪や内蔵が落ち込んでお腹がたるんでしまうのを防ぐ効果があります。

産後1ヶ月後〜:産後ガードル・骨盤ベルト
骨盤ベルトですと、「トコちゃんベルト」が有名ですよね。

こちらはある程度悪露が落ち着いた頃から使用するグッズです。

こちらを使うと、緩んだ骨盤がしっかりと固定され、正常な位置に誘導することができます。

骨盤が正しい位置にくることで、インナーマッスルが働きやすくなり、結果的にお腹のたるみの改善に効果があるのです。

また、ガードルでしっかりと骨盤部分を支えるので、赤ちゃんを抱っこする際の腰痛の緩和にも効果があります。

これらのグッズは、装着開始時期は指定があるものの、いつ頃まで装着するかという規定はないようです。

骨盤の歪みやお腹のたるみはいつ戻るのかに関しては、その方の産後の体型や歪み具合、生活習慣によって大きく異なり、一概には言えませんので、自力で努力してもあまり効果がないな・・・という場合は、整体や病院でプロに評価してもらうのもおすすめです!

Sponsored Links

産後のお腹のたるみの引き締め方は?ガードルの効果やいつ戻る?まとめ

今回は産後のお腹のたるみの引き締め方や、骨盤矯正グッズであるガードルについて簡単にお伝えしました。

産後のお腹のたるみは母親になるためには避けられないもの。

悩みの種になるかもしれませんが、産後直後はゆっくりと体を休めて、徐々に上記の引き締める方法やガードルなどのグッズを試してみてくださいね!

産後 帝王切開のお腹のたるみはどうなる?皮や黒ずみの対処法は?

産後,お腹のたるみ,引き締め方,ガードル,いつ戻る,

Sponsored Links