産後のお腹のたるみ・・・気になりますよね。



産後のお腹のたるみを解消するには、正しい腹筋法を知ることや、クリーム選びが大切。



また産後1〜2年でたるみを解消する必要性もあるらしく・・・。



今回は、産後のお腹のたるみを解消する腹筋法や、クリーム選びなど、産後1〜2年で行うべきことを簡単にお伝えします。

Sponsored Links

産後のお腹のたるみを解消する腹筋法は?始めるのはいつから?

産後のママの体は、出産により骨盤が開き、腹筋や骨盤底筋、皮膚が伸びきっている状態。



加えて、妊娠中もお腹が大きくなるにつれて姿勢が後ろに反りやすくなることで、背筋が萎縮し腹筋が伸びやすくなってしまうことも産後のお腹のたるみの原因になっているのです。

そのため、産後腹筋を鍛え直すことによって下腹部が引き締まり、姿勢も良くなります。

しかし、出産直後から激しい運動をするのは禁物です。

産後6〜8週は「産褥期」といって、体が出産時のダメージを治癒している時期。

この時期は軽めのストレッチのみ行うようにし、徐々に負荷を上げていくと良いでしょう。

では、産後のおすすめの腹筋法についてですが、産後は家事や育児に時間を取られ、なかなか運動の時間をとれないのが現実。

そんな忙しいママには、家事や育児の合間にできる手軽な方法がおすすめです。

産後,お腹のたるみ,腹筋,一年,クリーム,2年,



【産後のお腹のたるみを解消する腹筋法】上体起こし

1、仰向けになり、両膝を立てる
2、膝の間にクッションを挟み、後頭部で手を組む
3、お腹に力を入れ、息を吐きながらゆっくりと上体を起こす

【産後のお腹のたるみを解消する腹筋法】四つん這い腹筋

1、四つん這いになり、手と足を肩幅に開く
2、息を吐きながら、おへそを見るようにゆっくりと背中を丸める
3、息を吸いながら元の姿勢に戻す

【産後のお腹のたるみを解消する腹筋法】ツイスト腹筋

1、仰向けで両膝を立てる(足は肩幅に開く)
2、片手を後頭部に添え、もう片方の手の平を床につけて体を少し起こす
3、息を吐きながら、後頭部に手を当てている方の体をひねるように起こす
4、息を吐きながら元の姿勢に戻り、反対側も行う



いくつか腹筋法をお伝えしましたが、こういった運動後に悪露が増えたなどがみられましたら、まだ子宮が回復できていない状態と考えられるので、中止して、安静にしてくださいね

その他、腹筋運動中に違和感があるなどの場合は、無理に続けず、主治医に相談することをおすすめします。

Sponsored Links

産後 お腹のたるみに効くクリーム選びは?

産後のお腹のたるみ改善には、伸びた皮膚と筋肉の引き締めが大切。

その為、先ほどお伝えした腹筋法と、保湿ができるクリームを使用することが良いでしょう。

産後のお腹のたるみに効くクリーム選びのポイントとしては、保湿効果があること、肌への美容成分が豊富に含まれているものであること。

顔のケアと同じように、「保湿をし、肌へ栄養を与える」ことが大切なんですね。

ですので、妊娠中に使用していた妊娠線用のクリームを継続して使用するのもおすすめ。

妊娠中の肌にも優しい成分でできており、美容成分も豊富なので、産後ケアにもぴったりなのです。

産後,お腹のたるみ,腹筋,一年,クリーム,2年,

産後 お腹のたるみを1〜2年までに改善する必要性!もし戻らなかった場合は?

ここまで、産後のお腹のたるみの解消法などについてお伝えしてきました。

一般的に、産後のお腹のたるみを改善するベストな時期は産後6ヶ月以内と言われています。

しかし、中には産後1〜2年経過してもお腹のたるみが解消されないママもいらっしゃるよう。



その原因としては、「母乳育児ではなかった」「ホルモンのバランスが崩れている」「骨盤矯正が上手くいかなかった」「運動量が低く、筋肉量が低下し、基礎代謝も低下している」「寝不足等で自律神経が乱れている」などが考えられます。

その為、できれば産後半年〜1年程度で産後ダイエットに着手することが大切なのですが、家事や育児に忙しいママは自分のことに時間を割くことも難しい場合もあるでしょう。

産後1〜2年経ち、子育てが少し落ち着いてきた頃からのダイエットでも、お腹のたるみを改善することは可能です。

行う事は基本的に通常のダイエットと同様です。

☑食生活を見直す

脂肪を減らすには、代謝をあげることが大切であり、代謝をあげるには筋肉をつける必要があります。

そこで、さきほどお伝えした腹筋法などを行い、食事には、筋肉を作る栄養素のタンパク質をしっかりと摂ることが重要です。

タンパク質は、肉、魚、大豆製品、卵などに豊富です。

☑骨盤矯正に通ってみる

妊娠中に開いた骨盤は、産後半年かけて元に戻ろうとするのですが、この時期に戻らずに固まってしまうと、骨盤は歪んだままになり、筋肉も力を発揮しづらくなっている可能性が。

そのため、整体院などで骨盤矯正を行ってもらうのも大切なのです。

その他、動きが活発になってくる1〜2歳のお子様と外で沢山遊ぶことや、家事はお子様をおんぶしながら行ったりすることも、ながらダイエットに繋がるでしょう。

産後のダイエットは赤ちゃんとママの健康を第一に考えて、ご自分に合ったタイミングで開始するのが一番ですね!

産後 お腹のたるみを解消する腹筋法は?クリーム選びと1年〜2年の必要性他まとめ

今回は、産後のお腹のたるみを解消する腹筋法や、産後のお腹のたるみに効くクリーム選びについてお伝えしました。

また、産後1〜2年で産後ダイエットを行う必要性などにも触れました。

妊娠〜出産で女性の体は急激に変化します。

家事・育児に追われる毎日ですが、ずっと綺麗なママでいられるように、日々の努力が大切ですね!

産後のお腹のたるみの引き締め方は?ガードルの効果やいつ戻る?
産後 帝王切開のお腹のたるみはどうなる?皮や黒ずみの対処法は?

産後の骨盤矯正は効果なしの理由は?整体の金額相場はいくら?