産休・育休の期間平均は??基準はどうなるの??
産休・育休の期間平均は??基準はどうなるの??



産休・育休の期間平均はだいたい産後9ヵ月~1年未満が多いようです!産休・育休の期間平均や基準は正直なところママ本人がどれだけ職場に復活したい気持ちがあるかどうかによるものが多いようです。今回は産休・育休の期間平均や基準についてご紹介します!!




Sponsored Links

産休・育休の期間平均から見る期間は自分次第??!基準は??!

産休・育休の期間平均は??基準はどうなるの??
産休・育休の期間平均は??基準はどうなるの??



産休・育休の期間平均はだいたい産後9ヵ月~1年というママが多いようです。これはあくまでも平均的な産休・育休期間なので、期間はママがどれだけ仕事に復活したいかというところでも大きく違いが出てきます。保証で育休手当をきちんと受け取る権利がありますが、手当をもらうよりもいつもの自分のように働きたいと強く望めば産後3ヵ月程度で産休・育休を終了させて職場吹きするママもたくさんいます。


産休・育休の期間の基準は平均値で考えるよりもママ自身がどれだけ会社の戦力でありたいかどうかというのも基準のポイントではないでしょうか?産休・育休を合わせてフルで取得すると約400日近くも取れますが、その間戦力としては穴が開いてしまう状況だという事にもなります。


産休・育休を取得する前に信頼できる上司に相談したり、会社に迷惑かからないように思いやる心も社会人としてのマナーが問われるところではあります。しかし、ママにとっての1番の仕事は外で働く仕事よりも子供を育てるための産休・育休期間こそが仕事だと個人的には思います。


産休・育休を長くとるからと言って会社に対して引け目に感じる事はありません。子供を守れる仕事はママやパパしかできない大切な事です。会社復帰はやろうと思えば気持ち次第でいつだってできるんだと自分の能力も信じてほしいと強く個人的には思います!会社にも筋をを通してきちんと事前に話しておけば、それが産休・育休の自分の基準となります!




Sponsored Links


産休・育休の平均期間から見た場合の子供の保育園をどうするかも基準??!

産休・育休の期間平均は??基準はどうなるの??
産休・育休の期間平均は??基準はどうなるの??



産休・育休の兵期間を見たところだいたい産後9ヵ月~1年となっていますが、この基準には子供の預け先となる保育園や託児所なども理由にあるようです。早く職場復帰したいママもいるのに、なかなか生後2ヵ月から預かってくれる円が自宅の近くにないというのも現状多いようです。


だいたいではありますが生後6ヵ月~という保育園が全国的に見ても多いような気がします。保育園が決まり次第で産休・育休期間を決めているママはとても多いのです。もしも保育園がなかなか決まらない場合は育休期間は平均より少し長い1年6ヵ月までは伸ばせるので、根気よく受け入れてくれる園を探してみると良いでしょう!!


産休・育休の期間平均は??基準はどうなるの??のまとめ




Sponsored Links


産休・育休期間の平均や基準はそれぞれの環境やどれだけ職場に復帰したいか、または預け先となる園がすぐに決まるかどうかでも変わってきます。今から考えると私は仕事先のグループ会社の託児所があったので、何の迷いもなく子供を預ける環境があった事はとてもありがたかったと改めて思います!働くママの味方になってくれる優良企業がもっと増えてくれればいいのになと強く願います☆



マミーダディの赤ちゃん子育て楽しいブログ☆『愛の生活の知恵』でよく読まれている記事はこちら!!