1歳の離乳食の量の目安は??完了期と栄養素が知りたい?!!
1歳の離乳食の量の目安は??完了期と栄養素が知りたい?!!

 1歳になると離乳食も完了期になりますね。好き嫌いなく食べて欲しいし、量も食べて欲しい。
そこで、1歳の離乳食の量の目安や必要な栄養素などを書いていきます。




Sponsored Links

1歳の離乳食、主食や副菜などの量はどれくらい?


 
ほんとに美味しそうに食べてましたね。

1歳はまだ固いものが食べられないので柔らかい、
バナナぐらいの固さで離乳食をあげます。

1回の食事の目安の量は、

主食
ご飯は80g~90g・パンは8枚切りを1枚(30g程度)・うどん1/3~1/2玉(30g~35g)

副菜
野菜や果物を合わせて40g~50g

主菜
魚・肉などは15g~20g・豆腐は50g~55g(1/6丁)・納豆1/2パック程度・
タマゴは1/2~2/3個・乳製品は100g

など以上が1歳の1回分の離乳食の量になります。

あくまで目安の量です。
1歳の赤ちゃんによって食べる量は違うので離乳食の量は
その都度、調節してあげてください。




Sponsored Links

 

1歳は離乳食の他におやつが必要!おやつの量はどれくらい??

1歳の離乳食の量の目安は??完了期と栄養素が知りたい?!!
1歳の離乳食の量の目安は??完了期と栄養素が知りたい?!!

 1歳の赤ちゃんは1回の離乳食では量をたくさん食べられない為に、おやつで栄養素を補います。

午前・午後1回ずつ食べさせると良いでしょう。
赤ちゃん専用のお菓子やヨーグルト・果物など
できるだけ不足しがちな栄養素が含まれているものにしましょう。

1歳の離乳食で不足しがちな栄養素は、炭水化物・たんぱく質・
ビタミン・ミネラル・鉄・カルシウムなどです。

おやつ1回分の量は100gになります。

 1歳の離乳食、どうやって量を食べさせるか?食事の進め方

ちょうど食べやすい大きさになっていましたね。

 1歳の離乳食は、1日3食+おやつ2食が基本のなります。
毎日の食事の時間は、できるだけ同じ時間にしましょう。

 1歳になると離乳食を自分で食べたくなってきます。
テーブルや床が食べ物で汚れてしまいますが、
自分で食べさせてみると離乳食を食べる量が増えます。

 1歳の赤ちゃんは、何でも触って確かめたい時期なので
離乳食も自分で触って確かめたいんです。
自分で触って食べることが楽しいので、食べる量も増えるんですね。

 

1歳の離乳食で注意するべきことや注意するべき量は?

1人で上手に食べれました。
 
1歳の赤ちゃんは、必要な栄養素の80%の量を食事でとるようになります。
バランスのとれた食事メニューになるように心がけてあげましょう。

1歳になると歯が生え始めます。虫歯のケアをしてあげてください。

 自分で食べ始めた頃には手づかみですが、だんだんにはスプーンや
フォークも持ちたくなります。
持ちたくなり始めたら危なくないように目を離さないようにして
使わせてあげましょう。

 1歳の離乳食の完了期は、まだまだ食べる量が毎回違います。
食べなくてもミルクや母乳で補えば良いので、食べなかったり
食べる量が少なくても悩んだりイライラしたりしないようにしてください。

 また、味付けなどは薄味にして刺激の強いものは避けるようにしましょう。

1歳半(18ヶ月)までが完了期と言われています。
もう少しです。楽しみながら頑張りましょう。

 1歳の離乳食の量の目安は?? 完了期と栄養素が知りたい?!! まとめ




Sponsored Links

1歳になると伝い歩きが終わり自分の足で歩くようになれて、少しづつ喋れるようになって、ママやパパの言っていることが分かるようになりとても可愛い時期ですね。

そして、知恵が付くので1歳の離乳食では食べる量が少なかったり食べなかったりするんですよね。

私の1歳になる孫も離乳食を食べる量が毎日違います。
大人の食べるものを欲しがったりします。
手づかみで食事をするので片づけが毎回大変だったりします。

それも子供の成長だと思って、毎日を楽しく過ごせたら良いですね。




マミーダディの赤ちゃん子育て楽しいブログ☆『愛の生活の知恵』内のよく読まれている記事はこちら