育児ノイローゼのチェック方法は??原因と対策は??!
引用元:育児ノイローゼのチェック方法は??原因と対策は??!

育児は会社に勤めたり商売をするのと違ってお金が発生しません。なのに休みがありません。自分は大丈夫だと思っていても育児ノイローゼは知らず知らずの内になってしまうものです。ご自身の状態をある程度、把握する為にも育児ノイローゼのチェック方法は知っておいた方が良いかもしれません。この記事では、育児ノイローゼのチェック方法について書いていきたいと思います。




Sponsored Links

育児ノイローゼの原因から探るチェック方法は??

育児ノイローゼのチェック方法は??原因と対策は??!
引用元:育児ノイローゼのチェック方法は??原因と対策は??!

女性の妊娠・出産によるホルモンも変化によるホルモンバランスの変化や崩れが育児ノイローゼを引き起こす一つの原因になります。
ホルモンバランスの崩れは心の変化、メンタル面に影響を及ぼします。主産後の女性の身体は、出産前に戻すようにする為に変化がとても大きく、その中でも母乳を出したりなど大忙しなので、目に見えない変化がたくさんあります。

睡眠障害・肌荒れ・抜け毛・生理不順など身体と心のバランスがとても崩れやすいので、妊娠中はマタニティーブルー、主産後は育児ノイローゼと心身に影響が出てしまう事が多くなってしまいます。

また、多くの夫婦がパパが働き、ママが子育てというスタンスになってしまうと思うのですが、パパにとってそれが当たり前・・という感覚になってしまう事は育児ノイローゼになる危険信号になりかねません。
多くの場合、ママは独りで赤ちゃんを見ていたりするので孤独感に苛まれてしまう事が多くなってしまいます。ただでさえコミュニケーションが減ってしまうママだけに孤立感や、人に評価してもらえない疎外感が生まれてしまいストレスになってしまう事から育児ノイローゼになってしまい原因となってしまう可能性があります。

更に、生まれたばかりの子供がいると、外出もなかなか出来ません。外に出て理解してもらう事の方が少ないと思います。
迷惑者扱いをされてしまう事が予想出来る為に、ママはなかなか外出してストレス解消が出来にくい状況になってしまいがちです。
そういった小さな育児ノイローゼの原因が積み重なって発症に至ってしまうのです。




Sponsored Links

では、育児ノイローゼの原因からそのチェック方法を探ってみましょう。

・自分の子供なのに可愛いと思えない
・子育てが辛い
・相談出来る人が傍にいない
・人のサポートが無い
・人と話す機会が少ない
・すぐにイライラする
・何事もやる気が出ない
・子供に当たってしまう・
・食欲が無い
・過食気味になってしまう

※半分以上当てはまってしまうようであれば、育児ノイローゼの可能性が高いです。
専門医に診断してもらった方が良いでしょう。

育児ノイローゼのチェックから生まれる対策

育児ノイローゼのチェック方法は??原因と対策は??!
引用元:育児ノイローゼのチェック方法は??原因と対策は??!

では、育児ノイローゼの可能性が高い時、対策はどうしたら良いのでしょうか。
上記のような育児ノイローゼのチェック方法から、半数以上が当てはまる場合だけでなく、『育児ノイローゼは離婚の原因に??夫がするべき事は??!』の記事でも書きましたが、一番身近にいる夫に出来る事もたくさんあるはずです。

まず身近な夫が手助け出来る事を考える。そして、必ず心療内科などの専門医に相談出来る環境もつくっておいた方が良いでしょう。育児ノイローゼになりやすい人は、パパの仕事が遅く帰りが遅い傾向があります。一番身近でチェック出来るパパがほぼいないとなると、忙しさの中、自分で全てを抱えてしまわなければならないかのような錯覚に見舞われてしまうかもしれません。

やはり育児ノイローゼのチェックも対策も家族の支え・サポートが一番有効なのです。

育児ノイローゼのチェック方法は??原因と対策は??!まとめ




Sponsored Links

自分が育児ノイローゼなんかになるはずがない・・誰もが最初はそう思うかもしれません。しかし、最初はとてもとても小さな事の積み重ねかもしれませんが、それが積もりに積もって、どこにもはけ口がなくなってしまう事が原因で発症してしまうのが育児ノイローゼです。近くでしっかり育児ノイローゼの原因のチェックをしてくれる人、そっと手助けしてくれる人、そして対策を一緒に考えてくれる人が必要です。

そして専門家がいるという事を忘れないでください。
ちょっとでもおかしい、絶えられないと思ったら相談してみてください。自分に厳しい強い人程そのサインを見逃してしまいがちです。
いつでも人に頼れる環境をつくる事が一番大切だと思います。全ては家族の笑顔の為に。




マミーダディの赤ちゃん子育て楽しいブログ☆『愛の生活の知恵』内のよく読まれている記事はこちら