2歳児に必要な睡眠時間は??具体的方法と考え方を検証!!
画像引用元:http://koarubiyori.jp/care/sleep/14112

お子様が2歳児位になると自我が芽生えてきて何かを主張する事が多くなってきますね。
睡眠時間を確保させてあげないと成長にも影響出てくてしまうのではと心配になるパパママもいらっしゃるはずです。この記事では、なかなか言う事を聞いてくれなかったり癇癪を起こしたりで思うように寝てくれない2歳児のお子様の睡眠時間の寝かせる為の具体的な方法や考え方について書いていきます。




Sponsored Links

2歳児の成長に影響する必要な睡眠時間とは??

2歳児に必要な睡眠時間は??具体的方法と考え方を検証!!
画像引用元:https://www.suku-noppo.jp/data/sleep_time.html

生まれたての赤ちゃんの時は自我が無いので、ミルクと睡眠を繰り返すだけですが2歳児位になるとしっかり自分の主張をするようになるので、なかなか寝てくれなかったりぐずったり癇癪を起こしたりで睡眠時間の確保も難しくなったりしちゃいますよね。
パパママが共働きの過程も増えてきているので、そういった悩みを抱えているご家庭も増えてきているのではないでしょうか。

身長・体重などの身体的成長もそうですが、すぐイライラしたりキレたりするという事も睡眠時間が関わっているとも言われています。
日本睡眠学会によると2歳児に必要な睡眠時間は約12時間〜14時間だといわれています。
子供の成長ホルモンは睡眠している間にしか分泌されず、眠りに入ってから2〜3時間後位から多く分泌されると言われています。

大人でもそうですが、成長ホルモンが多く分泌されるのは22時〜2時頃だと言われているのでその時間に合わせて睡眠時間を確保してあげるのがベストかと思われます。しかし、共働きで帰宅が遅くなったり食事の準備が遅くなったりしてしまうご家庭が近年増えてきているのでその点も踏まえて考えていかなければならないですね。




Sponsored Links

2歳児の睡眠時間を確保する方法

2歳児に必要な睡眠時間は??具体的方法と考え方を検証!!
画像引用元:https://mamanoko.jp/articles/15153

子供はどうしても大人の生活リズムに引っ張られてしまうので、共働きや諸事情により帰りが遅くなってしまうご家庭や、家事をする事が遅くなってしまうご家庭は、子供にどうしても夜更かしを強いてしまう傾向にあります。パパももっともっとお子様とのスキンシップの時間を増やしたいというも分かりますが、スキンシプは極力朝に出来るように早寝早起きの習慣を身に付けたいですね。

2歳児位になると自我があるので、ママが起きているとどうしても寝なかったりします。我が家もママが一緒にお布団に入らないと寝てくれなくなってきました(笑)不思議とパパではダメなようです(笑)そういった事からも2歳児位になるとパパママもお子様の睡眠時間を確保しやすい環境をつくってあげる努力が必要なのではないでしょうか。

一つ一つにかかってしまう家事なども一つ当たり5分〜10分ずつ短くしてあげると全体的に早める事が出来ます。
また、人間の体内時計もでき始めてくるので朝は早めに起こしてあげて日の光を当てる事で体内時計をリセットさせる事が出来るので効果的です。

夜、寝たがらない子供を寝かせるのはたいへんですよね。早起きさせてあげれば自然と早く寝るようになりパパママも幾分か楽になってくるのではないでしょうか。

2歳児の睡眠時間を確保して生活リズムを正す具体的方法

2歳児に必要な睡眠時間は??具体的方法と考え方を検証!!
画像引用元:http://koarubiyori.jp/care/sleep/14112

2歳児位の睡眠時間の確保の方法を具体的にまとめると、

・2歳児は成長ホルモンの分泌を最大限にする為に睡眠時間は12〜14時間位は確保する
・2歳児の成長ホルモンの分泌を効率的にするには22時位を就寝時間にすると良い
・一つ一つのするべき事をそれぞれ5分〜10分ずつ早めるようにすれば全体的に早める事が出来る
・パパとのスキンシップも夜ではなく朝にするように心掛ける
・朝は早起きさせてあげて日の光を当ててあげる事で体内時計をリセットさせる事が出来る

2歳児の睡眠時間を確保する為のお昼寝ってどうしてる??

2歳児に必要な睡眠時間は??具体的方法と考え方を検証!!
画像引用元:http://babycare-labo.com/%E5%AF%9D%E3%82%8B%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%8C%E9%81%85%E3%81%84-644.html

2歳児頃になると睡眠時間を確保させてあげる為にお昼寝の時間もとらせてあげたいですよね。
しかし、お昼寝してくれないお子様もけっこういらっしゃるみたいで悩んでいるパパママも多いのではないでしょうか。

2歳児の理想的な睡眠時間

前述したように2歳児の理想的な睡眠時間は12時間〜14時間程ですが、中には睡眠時間が短かった子の方が学校の成績が良いという事例もあります。体質的なものもあって短い時間で質の良い睡眠をとれているという事でしょうから、そこは神経質になる必要は無いのかもしれません。

食欲もあり、ご機嫌も良く、日中に疲れているような感じが無ければ問題ないかと思われます。
睡眠には個人差があるので神経質になる必要はないかと思いますが、そういった子は20時頃に眠りについて朝は7時半頃に起きるなど、早寝早起きの習慣も影響しているのかもしれませんね。

2歳児それぞれ必要な睡眠時間は違う??

2歳児位になると早い子だと20時頃〜寝ています。我が家は仕事の関係もあって0時を過ぎてから眠る事が多く、遅い時は1時や2時になってしまう事もあります。睡眠時間の確保と就寝時間の関係は一概には言えないですが、子供によって必要な睡眠時間も違うしライフスタイルも違うので無理に型にはめようとすると、パパママの生活リズムに悪影響を及ぼすといけないので、いろいろ試して検証していく姿勢が良いかと思われます。

2歳児に必要な睡眠時間は??具体的方法と考え方を検証!!まとめ




Sponsored Links


お子様が2歳児位になると自己主張が強くなって言う事を聞かせられない事が多くて大変ですよね。
お子様をよく観察して自分のお子様の生活リズム・サイクルがわかってくれば気持ち的にも楽になってくると思います。
この記事では2歳児のお子様の睡眠時間について書かせていただきましたが、参考にしていただけたら幸いです。


育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆