育児が疲れた消えたい?!産後うつの原因と予防対策は??
育児が疲れた消えたい?!産後うつの原因と予防対策は??

女性にとって出産は人生最大のイベントともいえる幸せの大仕事ですが、出産と同時に過酷な育児生活が始まります。
中には育児に疲れたという言葉を言う暇もない位に目まぐるしい毎日の中で、いつしか消えたいと頭をよぎる位追い詰められる女性もいます。この記事では育児に疲れた、消えたいと追い込まれてしまう時の対処について書いていきます。

出産で疲れた体にムチを打ち、待ったなしの3時間起きの授乳から育児が始まり、眠れない日々の繰り返しです。
これが産後うつの始まりです。産後うつは抜け出せなくなると、とんでもない状態に陥ることもあり、とても深刻です。
私自身の育児経験を元に育児が楽しくなるような対策を参考にしていただけたら幸いです。




Sponsored Links

消えたい情動はなぜ起こる?育児疲れの原因は⁇

育児が疲れた消えたい?!産後うつの原因と予防対策は??
育児が疲れた消えたい?!産後うつの原因と予防対策は??

育児をしている女性がよく「消えたい!」と言いだすのはなぜなのでしょうか。
我が子に出会えて幸せなはずなのに・・・と思われますが、育児は想像以上に過酷な毎日なのです。
3時間起きの授乳、頻回なオムツ交換、休む暇もなく寝る時間もなく、育児によってどんどん疲れた身体になっていきます。そして泣き止まない我が子を抱いてあやし続けて気も滅入ってくる中で、家事もしなければいけません。

出産前は、愛おしい我が子と大好きな夫と幸せな毎日が始まると理想を膨らませていた人ほど、産後うつになりやすい傾向にあるようです。育児も家事も完璧にこなして、優しく綺麗なママ、そして妻でいたい!と願っていた人ほど、こんなはずじゃなかった!消えてしまいたい!とネガティブになり、心も身体ももっと疲れてしまうのです。




Sponsored Links

消えたい!と思わない疲れた育児と向き合う方法

育児が疲れた消えたい?!産後うつの原因と予防対策は??
育児が疲れた消えたい?!産後うつの原因と予防対策は??

消えたい!疲れた!と思ってばかりいると、どんどん気持ちも暗くなって育児も疲れてしまって赤ちゃんにも悪影響です。
赤ちゃんはママのことが無条件で大好きで、ママの表情や感情に敏感です。
ママが笑っていないと赤ちゃんも不安になり、もっともっと泣く回数も増えてくるのです。
ですから、ママは常に心にゆとりを持ち笑顔でいないといけません。

どんなに可愛い我が子でもずっと一緒にいて、自分の時間を全く持てないのは息が詰まってしまいます。たまには赤ちゃんをご主人、ご両親、兄弟に預けてほんの1時間でもいいので、一人の時間を作るようにしましょう。

ご家族のサポートが難しい場合は、地域のファミリーサポートの力を借りることは全く悪いことではありません。日本は乳幼児を預けて自分の時間を作る母親に冷たい視線をを送られることもしばしばありますが、欧米では母親の気分転換はおおいに認められています。
疲れた体で「育児を放棄して消えたい!!」なんて、思うよりは、心を健康に戻して赤ちゃんに笑顔で接するために、自分の時間を作ることも大切な時間だと思います。周りのサポートしてもらって気分転換しながら育児をしていきましょう。

もう消えたい!なんて言わない!疲れた育児を楽しめる方法

育児が疲れた消えたい?!産後うつの原因と予防対策は??
育児が疲れた消えたい?!産後うつの原因と予防対策は??

産後うつになりやすい人は、真面目で頑張り屋な人が多いと言われています。
育児に対しても、育児書をきちんと読んだり、産院でのアドバイス通りいかないとすぐ不安になったり、どんどん気持ちが疲れて消えたい情動が出てきてしまいがちです。

育児書に書いているのに、産院ではこう言われたのに・・・と思い通りに育児が進まなくて、私は母親失格!消えたい!と思ったりしますが、そんなことは思う必要ないのです。なぜなら、赤ちゃんは十人十色、それぞれ個性があって当然です。泣き方も寝方も、おっぱいの飲み方もみんな違って当然なのです。

うちの子はこういうあやし方が好きみたい、これは嫌いみたい!と我が子の個性を発見していくと育児もぐっと楽しくなっていきます。泣き止まなくて疲れた・・・と思っている泣き声もよく聞いてみたら、声が高いな~とか、小刻みに泣くな~とか個性がわかり面白くなってきます。深呼吸しながら、穏やかな気持ちで赤ちゃんと向き合って、日々の成長の変化を楽しんでみてください。

育児が疲れた消えたい?!産後うつの原因と予防対策は⁇のまとめ




Sponsored Links

育児は終わりのないトンネルの中をひたすら一人で歩いているような孤独感に襲われて産後うつになる女性が多いと言われています。産後うつは、疲れた体と心を放置しているとどんどん深みにはまって、産まなきゃよかった!消えたい!!などと悪い感情に押しつぶされてしまうのでとても危険です。

一人で抱え込まずに、近くにいる人や地域のサポートを頼ることで気分転換をして疲れた体をたまには休めてみましょう。消えたい!という感情も少しのリフレッシュで改善されて育児も楽しくなっていくはずです。



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆