夜トイレトレーニング!!オムツはずれ後のおねしょ対策は??!
夜トイレトレーニング!!オムツはずれ後のおねしょ対策は??!

夜のトイレトレーニングは、おねしょが絶対つきものですね。そろそろオムツが外れてきたし、夜も始めようかなと思っているママ達必見です!!夜のおねしょ対策や、夜のトイレトレーニングは風邪が心配、などのお悩みを解決できるように今回は夜のトイレトレーニングについて詳しく見ていきたいと思います。

毎日布団が濡れて洗濯が大変、夜はやっぱりオムツじゃないとどうしても不安、などママ達の悩みは尽きませんが、少しでも改善できるように参考にして頂けたら幸いです!!頑張って長い目で「トイトレ」やっていきましょう!!




Sponsored Links

夜のトイレトレーニング、そもそもなぜおねしょするのか??

夜トイレトレーニング!!オムツはずれ後のおねしょ対策は??!
夜トイレトレーニング!!オムツはずれ後のおねしょ対策は??!

子供がおねしょするのって深く考えたことありますか??そもそもなぜおねしょするのか、原因を知っておけば夜のトイレトレーニングのおねしょ対策に繋がることが期待できます。まず大きな原因として子どもがおねしょをするのは「抗利尿ホルモン」という夜のおしっこの量を少なくするためのホルモンがまだ十分に分泌されていないこと、寝てから起きるまでのおしっこを溜めておけるだけ膀胱が大きくなっていない、つまり膀胱が小さいのです。

なので、おねしょは仕方がないことなのですが、決しておねしょしたからといって怒らないであげて下さい。生理現象ですし、まだまだ体が未熟です。夜のトイレトレーニングはおねしょがない方がおかしいのです。おねしょの量で、そろそろ完全に卒業できるなというサインを知る事も出来ます。




Sponsored Links

さあ夜のトイレトレーニング!!でも「始め方」はどうしたらいいの??

夜トイレトレーニング!!オムツはずれ後のおねしょ対策は??!
夜トイレトレーニング!!オムツはずれ後のおねしょ対策は??!

昼間のオムツも外れて、さあ夜もトイレトレーニングをしよう!!と思った時に、「そもそもどうやって始めよう」と悩みますよね。始めるのは暖かい季節がやはりおすすめですね。寒いと布団も乾きにくいですし、やっぱり子供の風邪が一番心配なので。夜のトイレトレーニングの始め方ですが、まずすでに昼間のオムツが完全に外れているのなら、夜だけオムツは辞めたほうがいいです。

せっかく外れたのにまたオムツに逆戻りしてしまうのは3歳くらいになると嫌がる子がかなり多いようです。トレーニングパンツよりも、やっぱり普通のパンツで寝かせましょう。おねしょしたというのが自分で分かりやすいので、昼間と変わらず普通にパンツで寝かせるのが一番いいと思います。

夜のトイレトレーニングの始め方よりもやっぱりおねしょが心配、対策はあるの??

夜トイレトレーニング!!オムツはずれ後のおねしょ対策は??!
夜トイレトレーニング!!オムツはずれ後のおねしょ対策は??!

夜のトイレトレーニングは「ママ達はおねしょとの戦い」になりますね。少しでも洗濯物が増えずにストレスにならない対策法を筆者の体験談とともにアドバイスさせて頂きます。まずは「夜寝る前のトイレは二回行かせる」布団に行く前にトイレ、布団に入って30分以上経っても寝ない場合はもう一度トイレへ連れて行きます。

「濡れても乾きやすいズボンで寝かせる」「寝る前は飲み物をあげないようにする」「布団は濡れても洗濯しやすいように子供用お昼寝敷布団を2枚ほど並べて使う」これだけでママ達のストレスはだいぶ軽減されるのではないかと思います。防水シーツなどは、寝相のかなり悪い筆者の息子には全く通用せず、的外ればかりでしたから、いっそ濡れても洗濯しやすいように子供用の小さな敷布団を2枚くらい並べて濡れた片方だけ一日洗濯して干して、という感じにしてました。

洗濯機にも入りますし、乾きやすい夏用だとすごく楽でした。夜のトイレトレーニングは洗濯ものの大変さから、ママ達もストレスを感じやすいと思いますが、起きて濡れていなかったらたくさんたくさん褒めてあげることを忘れないで下さいね。

夜トイレトレーニング!!オムツはずれ後のおねしょ対策は??!まとめ




Sponsored Links

いかがでしたでしょうか??少しでもお役に立てれば幸いです。夜のトイレトレーニングは昼のトイレトレーニングよりもはるかに時間がかかります。長い目で頑張っていきましょう。どうしても布団を濡らせない場所に来たときには、「おねしょ用のオムツの大きめを買って、パンツの上から履かせる」という手もアリかと思います。

嫌がるようなら寝てからパンツの上からポンと履かせればいいので楽チンです。夜のおねしょが毎日心配ですが、おねしょをしても決して叱らない、おねしょしなかったら必ずたくさん褒めてあげるのを忘れないで下さいね。


育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆