地震対策グッズの置き場所と保管方法は??

地震大国と言われている日本ですが気象庁のデータによると昨年2016年に震度1以上の地震が観測された日数は364回。観測されなかったのがわずか2日という事になります。地震対策が必要となる今日ですが、地震対策グッズのいざという時の置き場所はどうしたら良いのかが気になりますね。この記事では、地震対策グッズ置き場所と保管方法について詳しく書いていきたいと思います。




Sponsored Links

いざ!!という時の地震対策グッズの置き場所とまとめ方

地震対策グッズの置き場所と保管方法は??

とっさに起きる大きな地震に早急に対応する為に、地震対策グッズの置き場所は決めておくべきです。
というのは、地震対策グッズの置き場所を決めないとそれだけロスタイムが生まれてしまう事となりますし、スムーズな動きに支障が出てしまう事は容易に考えられるからです。
そこでまず考える事は地震対策グッズの置き場所はとっさに脱出する場合の脱出経路上にするべきだと考えられます。

では、地震の際脱出する経路として考えられる動線はどこになるでしょうか??




Sponsored Links

よく地震対策グッズを保管しておくのに、寝室やベランダや庭などという御意見がございますが地震は昼夜問わずに発生する可能性がある為、特定の寝室・ベランダ・庭などが脱出の経路に必ずしもなるという可能性はそう高くないのではと考えられます。多くの方の意見を統計的にまとめると、やはり一番可能性が高くなるのは『玄関』なのではないでしょうか。
玄関ならば、とっさに地震が発生した際に逃げる導線として地震対策グッズ置き場所として適していると考えられます。

では、地震対策グッズを玄関にどのようにまとめておく事が相応しいか考えてみましょう。

これに関しても、いろいろな御意見があるのですが、やはりとっさに持てて尚且つどのような状況にも対応出来るようにするには両手が塞がられてしまっては勿体ないし危険です。
両手を塞がず、荷物をまとめて持つ事が出来るものと言えばやはりリュックではないでしょうか。
リュックサックならば一度背負ってしまえば両手を自由に使う事が出来ますので安全に動く事が出来ます。お子様がいらっしゃる場合もすぐにお子様中心に動く事も可能です。

逆に手に持って動かなければならないボストンバッグやスーツケースは家族や自身の身の安全を考えたら適していないと考えられます。ガラスや瓦礫が道を塞いだり、小さいお子様だと手を引いたり、抱き抱えなければならないケースも出てくるでしょう。
そういった点から考えても地震対策グッズ置き場所は『玄関』まとめ方はリュックサックで。というのが相応しいと考えられますね。

ベストな地震対策グッズの置き場所と保管方法は??

地震対策グッズの置き場所と保管方法は??

地震対策グッズの適した置き場所やまとめ方については、上記で書かせていただきましたが玄関一カ所に置いておくのは地震による災害で玄関が潰れてしまう事も考えられるのでリスクがあります。
一番良いのは、地震対策グッズ置き場所を個々の部屋に設置する事なのですが現実的に幅をとってしまったり、なかなか難しい場合もあるかと思います。
玄関とは別に最低限の下着・軍手・常備薬・懐中電灯・水・食料などを保管しておくと良いと考えられます。

庭やベランダ、物置も建物が崩壊してしまったり持ち出せなかったりした時に取り出せる可能性があるので地震対策グッズ置き場所の一つとして良いかもしれません。
中には「車の中」という御意見もあります。車の中というのはあくまで補助的で車のキーを持ち出す余裕があるかどうかもわからないのでブルーシート・テント・椅子・食器・ポリタンクなどがあれば良いと考えられます。

地震の際に地震対策グッズが必要となるのは地震直後よりも、地震が収まった後の方が多いと考えられます。
最悪、建物が崩壊しても取り出しやすいベランダや庭の物置など建物外を置き場所の一つとする事も考えておくばきかもしれません。
マンションなどの集合住宅の場合は、玄関を地震対策グッズ置き場所として設定しておくと脱出の際に邪魔になってしまう事もあるのでベランダや寝など複数に置き場所を設置しておくと良いでしょう。

地震対策グッズの置き場所と飲料・水・食品の適した量は??

地震対策グッズの置き場所と保管方法は??

地震対策グッズとしていざという時に食料や水など飲料も必要になる事も考えられます。
最低3日分は用意しておいた方が良いと言われていますが、その理由に救援物資が届くのが震災から3日程かかると言われているからです。東日本大震災では救援物資が届くのに一週間以上掛かった地域もあったようなので、最悪の事態を想定して1週間分を地震対策グッズと一緒に置き場所に置いておくべきかもしれません。

地震対策グッズの置き場所と保管方法は??まとめ




Sponsored Links

地震対策グッズの適した置き場所について書かせていただきましたが、住宅の構造や近隣の構造なども考慮して一番適した場所を置き場所として設定しておく事が好ましいですね。
そういった観点から統計的なお話や主観も入ってしまいましたが、是非参考にしていただき、ご自身やご家族のベストな置き場所を設定していただきたいと思います。地震対策グッズで自宅の扉に施すべき対策や、赤ちゃんがいらっしゃるご家庭もあると思いますので以下の記事も参考にしていただけたら幸いです。


地震対策で赤ちゃんがいる場合の対処法!!
地震対策グッズで扉に施す対策は??