妊娠超初期症状腹痛には注意?!期間と生理前との違いは??
引用元:http://www.fumira.jp/

妊娠した時の超初期症状に腹痛が現れることがあります。生理前や生理中のような鈍痛とは少し違って、チクチクするような、子宮がきゅーっとなるような軽い腹痛、下腹部痛は妊娠したときの超初期症状として良く現れるのですが、生理中のようなどんどんとお腹に響く強い鈍痛を感じる場合には少し注意が必要な場合があります。

たとえば、妊娠検査薬で陽性反応が出ているのに、生理痛のような寝込むほどの痛み、鈍痛を下腹部に感じる場合、流産の可能性が考えられますので注意が必要です。便秘の時のような腹痛であれば問題ないですが、そのうち痛みを放っておくと出血に繋がるケースもありますので、心配なようであればすぐに産婦人科での受診をおすすめします。




Sponsored Links

妊娠した時の超初期症状の腹痛にはどんな危険があるの??

妊娠超初期症状腹痛には注意?!期間と生理前との違いは??
引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp/

妊娠が確定してからの超初期症状として下腹部の痛み、腹痛の種類については冒頭でも述べたような軽い痛みであれば問題ありません。ですが知っておいて欲しいのは妊娠の超初期症状のようなただの腹痛であっても「出血がなくても流産の可能性はある」という事です。実は筆者も自然流産の経験が一度だけあります。

その時が始めて妊娠した時だったのですが、とにかくお腹が痛くて激しい生理痛のような腹痛が続いたのを覚えています。ここでは妊娠した時の超初期段階での腹痛の危険性について詳しく見ていきましょう。




Sponsored Links

妊娠した時の超初期症状に現れる腹痛、続く期間と生理前の痛みとの違いは??

妊娠超初期症状として、腹痛が現れることは珍しくないのですが妊娠してから超初期症状にしては、続く期間があまりにも長いと少し注意が必要な場合もあります。生理前とは違った生理二日目のような激しい鈍痛が1週間以上続く場合には産日人家を受診したほうがいいでしょう。出血がないから大丈夫とは絶対に思わないで下さいね。

妊娠した時の超初期症状、腹痛がどのような危険をもたらすの??

妊娠の超初期段階での腹痛の症状は流産や子宮外妊娠の危険性が高いことも考えられます。腹痛が生理二日目のような激しい鈍痛である、1週間以上強い痛みが続くなどおかしいなと感じたらすぐ産婦人科を受診して下さい。出血がなくても危険な場合があります。妊娠した時は超初期段階~12週目までが流産に一番気をつけなければいけない時期です。とにかく下腹部がとても痛い、と感じるような症状があればすぐに産婦人科へ!!

妊娠した時の腹痛の超初期症状、期間はどれくらいで現れるの??対策や薬は??

妊娠超初期症状腹痛には注意?!期間と生理前との違いは??
引用元:http://www.city.yao.osaka.jp/

妊娠した時は生理予定日だった日の前あたりからだんだんと超初期段階での症状が現れだすことが多いようです。妊娠した時「そろそろ生理前なんだけどなんだか腹痛がいつもと違うな」と感じる女性が多いです。筆者も実際そうでした。そこで妊娠超初期症状の腹痛のやわらげ方や薬は服用できるのかということに着目していきたいと思います。

妊娠の超初期症状、腹痛が現れる期間はいつ??

「そろそろ次の生理前だな」という時期から妊娠初期症状が現れ出すことが多いようです。中には着床痛という早い段階で腹痛を感じたという女性もいますが、着床痛を感じる女性は稀です。妊娠初期症状の腹痛が現れるのは次の生理予定日前あたりからという期間が多いと思います。

妊娠の超初期症状の腹痛、薬は飲める??対策法はある??

妊娠した時の超初期症状の腹痛、実は薬という特効薬はありません。産婦人科によっては漢方薬を出してくれることもありますが、特効薬というものは基本的になくて、安静にしていることが一番と言われています。妊娠の超初期症状で腰痛や腹痛などの痛みはありますが、市販の鎮痛剤は飲めない、と基本的に思っておきましょう。

どうしても耐えられない場合は妊娠中でも飲める「カロナール」という鎮痛剤がありますがあまり薬には頼らないほうが筆者はいいと思います。妊婦さんが使えるシップも限られていますので、安易に自己判断で使用しないようにしてください。

妊娠超初期症状腹痛には注意?!期間と生理前との違いは??まとめ




Sponsored Links

妊娠した時の超初期症状としての腹痛の危険性や期間についてまとめてみましたが、少しでも不安や心配なことがある場合にはすぐに産婦人科へ電話してみて下さい。筆者も流産の経験をした時にはまだまだ妊娠超初期段階でしたが耐えられないほどの腹痛の症状で夜間に病院へ駆け込みました。

その時の痛みは生理二日目のようなひどい鈍痛で、立てなくなるほどでしたが結局自然流産という形になってしまいました。手遅れにならない為にも安易な自己判断は決してしないで下さいね。


育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆