妊娠初期症状の腰痛の特徴歯??生理痛との違いはあるの??
妊娠初期症状の腰痛の特徴歯??生理痛との違いはあるの??

妊娠したときの初期段階での症状のひとつに「腰痛」が現れることがあります。どんな痛みなのか、生理痛と違う痛みなのか今回は妊娠の初期症状に現れる腰痛について少しくわしく見ていきたいと思います。筆者も第一子を妊娠した時にはひどい腰痛に悩まされました。筆者の体験した実際の腰痛と比較されてみてもいいかもしれませんね。

今回は妊娠したときの初期段階である4週から15週くらいを目安にして頂ければと思います。だいたい妊娠してから2ヶ月から4ヶ月くらいの安定期に入る前の時期ですね。湿布は使えるのかなど詳しくまとめてみました。




Sponsored Links

妊娠初期の症状の腰痛、生理痛とは違う痛み??なぜ腰痛が現れるの??

妊娠初期症状の腰痛の特徴歯??生理痛との違いはあるの??
妊娠初期症状の腰痛の特徴歯??生理痛との違いはあるの??

妊娠初期の段階での腰痛の症状は、筆者が体験した痛みでは生理痛とは少し違いました。妊娠した初期段階での症状に腰痛がなぜ現れるのかというのもここで詳しく見ていきたいと思います。




Sponsored Links

妊娠初期での症状になぜ腰痛が現れるの??

妊娠初期での腰痛の症状の原因として考えられるのはおもに卵巣から分泌されるホルモン「リラキシン」だそうです。リラキシンには関節を緩める働きがあり、それによって腰への負担が増えて腰痛を引き起こすといわれています。もうひとつは運動不足での腰痛。妊娠初期で腰痛の症状がが現れるのは、妊娠したからゆっくりしよう、つわりで動けないなど極端に運動をしなくなること腰痛を引き起こす事もあります。

妊娠初期での症状の腰痛、生理痛とどう違うの??筆者の場合の腰痛の痛み!!

妊娠初期での腰痛の症状、筆者の時は生理痛とは全く違う感じでした。生理痛のときは本当に腰あたりが痛い、さすれば少し楽になる。という感じでしたが、妊娠初期の頃の腰痛の症状は「骨盤あたりの骨が痛む」という痛みでした。生理痛よりも下の方が痛いというような感じです。さするよりもたたきたくなるような痛みが特徴だったのを覚えています。

妊娠初期の腰痛の症状に使える湿布はある??

妊娠初期症状の腰痛の特徴歯??生理痛との違いはあるの??
妊娠初期症状の腰痛の特徴歯??生理痛との違いはあるの??

妊娠していると飲める薬や、使える薬もかなり限られてきます。妊娠の初期症状としての腰痛に悩ませされた時に使える湿布や薬はあるのかどうかをここでは詳しくみていきたいと思います。妊娠初期だから、腰痛の症状は我慢するしかないのかななど心配がある方はぜひ参考にしてみて下さい。

妊娠初期の腰痛の症状に使える湿布はある??

妊娠初期の段階での腰痛の症状は本当に辛いものです。そこで妊娠していても初期症状の腰痛に使える湿布はどんなものなのかを紹介します。まず薬局で売られている「第3類医薬品」の効き目がとても優しい湿布です。ほとんどこれしか使えません。ボルタレン(ジクロフェナクナトリウム)、ケトプロフェンが配合されている湿布は妊婦さんには使用できませんので、注意して下さい。

妊娠初期の腰痛の症状を和らげる方法はある??

妊娠の初期症状での腰痛を和らげる方法は、ゆっくり湯船に使って患部を温めること、マタニティヨガなどがあります。また妊婦だからといってぺたんこの靴ばかりではなく2、3センチほどヒールがある靴のほうが重心が後ろにかかりやすく、妊娠初期の腰痛の症状にはよく効果があるそうです。とはいってもピンヒールは避けて、しっかりとしたヒールのものを選んで下さいね。

妊娠初期症状の腰痛の特徴は??生理痛との違いはあるの??まとめ




Sponsored Links

今回は妊娠初期の腰痛の症状についてまとめてみましたが少しでも参考になれば幸いです。筆者も妊娠初期の腰痛の症状にかなり悩まされましたが妊娠後期はもっと大変でした。もう仰向けで絶対寝れないほどでした。それと妊娠後期にあまりにも腰痛がひどくて、歩けなくなり病院について腎臓の検査をしたけどなんともなく、それでも腰痛が激しくなってどうしようと思っていたら風邪のような症状が出だし、結果インフルエンザだった事もあります。

関節が痛むものだと思っていたのですが妊娠中は全部の体の関節の痛みが腰痛に集中したんでしょうか・・。そういうことも考えられますので、あまりにもひどい時には、かかりつけの産婦人科へ相談するようにしてくださいね。



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆