妊娠初期症状の熱はサイン??原因は??
妊娠初期症状の熱はサイン??原因は??

妊娠初期に風邪のような症状があり、微熱があるような状態が続く事があります。妊娠初期の発熱は代表的な妊娠初期症状でもあるのですが、全く感じない人も居ます。なんだか熱っぽい、風邪引いたのかなと思ったら妊娠していた!!なんて話もよく聞きます。
今回は妊娠初期の発熱の症状について原因などを詳しく探っていこうと思います。

風邪なのか、妊娠したサインなのかよくわからないという方にもぜひ参考にして頂けたらと思います。筆者は妊娠初期に熱っぽいと感じたことが一度もありませんので全く感じない人も居るということは、知っておいて下さいね。




Sponsored Links

妊娠初期はなぜ熱の症状がが出るの??原因として考えられるのは??

妊娠初期症状の熱はサイン??原因は??
妊娠初期症状の熱はサイン??原因は??

妊娠初期に熱の症状が出る人が居ます。多くは女性ホルモンが関係していることが多いですが、その他にどんな原因があるのかというのをここでは詳しく見ていきたいと思います。ですが妊娠初期の熱の症状といっても38度以上の高熱であれば何か違う病気の可能性がありますのですぐに産婦人科で受診されて下さいね!!




Sponsored Links

妊娠初期の熱の症状を引き起こす原因は??

妊娠初期に熱っぽく感じる症状の原因は、妊娠して分泌の多くなる黄体ホルモンです。黄体ホルモンは排卵日を境に分泌量が増えますが、その働きは「受精卵が着床しやすいように子宮に血液をたっぷり集めること」です。子宮が収縮することを防いで、体温を上げることが黄体ホルモンの役目なのでこの黄体ホルモンのせいで、妊娠初期に熱っぽい症状が現れる原因となっているようです。

妊娠初期の熱の症状は何度くらいから??いつまで続く??

妊娠初期の熱っぽい症状は一般的に37度前半から37度後半くらいと言われています。微熱のような状態と考えていいでしょう。妊娠初期の終わる15週くらいには一旦落ち着きますが、中には産前ぎりぎりまで微熱っぽい症状は続いたという人もいますのでこれも個人差があるようです。筆者はどちらかというと妊娠初期よりも産前ぎりぎりの方が熱っぽく体温がいつもより高かったです。

生理予定日近くの熱は妊娠初期症状のサイン??

妊娠初期症状の熱はサイン??原因は??
妊娠初期症状の熱はサイン??原因は??

妊娠しているのか、していないかわからない時期で生理予定日近くになってからなんだか熱っぽい症状が・・。と心配になる人がいますが、これは着床や基礎体温が関係していることがあります。ここでは生理予定日近くの熱が妊娠初期の症状のサインなのかどうかをじっくり見ていきたいと思います。

妊娠してる??熱っぽい症状は妊娠初期症状のサイン??

妊娠初期症状の熱っぽい感じというのは、生理日から3週間ほどの時期は受精に成功した場合の着床時期に重なり、着床のタイミングで劇的にホルモンの分泌が盛んになるので、ほてりが出ることがあります。風邪のような症状を感じる人も多く、37度前後~38度を越えない程度の発熱を経験したママもいます。

排卵日から1週間程度のタイミングでほてりやだるさ、風邪に似た感覚を感じた場合は、着床の発熱かもしれません。生理予定日を過ぎても熱の高温期が続くと妊娠初期の症状のサインかもしれません。

熱が38度くらいの時は妊娠の初期症状と関係ある??

妊娠初期の熱の症状といっても38度を越えることはまずないと思います。生理予定日が近いけど熱が38度超えているという場合にはなんらかの風邪や感染ウイルスによって発熱の症状が引き起こされていると考えて下さい。38度を超えたらすぐに病院へ行き、妊娠初期かもしれないということを伝えてから検査などを行うようにしてください。

妊娠初期症状の熱はサイン??原因は??まとめ




Sponsored Links

妊娠初期の熱っぽい感じの症状を筆者は経験した事がありませんので、残念ながら体験を交えてお話することはできませんが、筆者の場合は妊娠初期よりも妊娠後期の方がとにかく体温高いな、熱っぽいなという症状を感じることが多かったです。妊娠中のインフルエンザは、本当に辛いです。

病院では歩けなくて車椅子で運ばれたほどでした。高熱が出た時にはすぐに産婦人科へ連絡するようにして下さいね!!生理が遅れているけど熱がある、という場合には自己判断で解熱剤など安易に飲まないようにして下さい。



育児やパパママの生活に役立つ情報を他にもたくさん書かせていただいてます☆